スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[BLゲーム感想]メサイアとメサイア パラノイア・パラドックスをプレイしたよ

2014年05月10日 03:35

うわああああ!
うわああああああああ!

久しぶり!にブログ!書きます!


忙しいといえば忙しいかな…あれやこれや書きたいことはたくさんあるけれどなかなか時間が取れず…。
Twitterにはぽちぽちツイートしています。でも最近ツイート数少なめかも。

イベントは普通に行ってきました。
3月のハルコミ、5月のスパコミ。お手伝いをしつつちょびっとお買い物してきた\(^o^)/
アフターも楽しかったな~~!


さて、わたしのアイデンティティのひとつ、ボブゲをひとつ消化しました。
ORBITというメーカーのBLゲームブランドCOREから2006年にリリースされたメサイア、そしてそのファンディスクメサイア パラノイア・パラドックス

…この会社ってエロゲと乙女ゲとボブゲを作っているのね…手広い。

メサイア



メサイア 通常版

絵柄がちょっと一昔前のテイストで、懐かしくもありムズ痒い気持ちに。アゴとかアイラインの太さとか、(特に主人公の)髪型とか白いファーつきのコートとか。

攻略対象は年上の謎の男・煌と年下の親友・遼太のふたりだけ…というめずらしいピンポイントシステム。そしてボイスがあるのは主人公と攻略対象のふたり計3キャラぶんしかないのもちょっとビックリ。
せめて登場頻度が高いサブキャラ(アリス、ヴェロニカ、洲清、蒔田さん)あたりはボイスがあったほうがよかったなあ…。

ストーリーは暗めでとても好み!
監禁期間が思ったよりも長かった。屋敷の中を彷徨いウロウロする描写が多くて少し冗長に感じながらも、拓人が煌に依存していく過程は丁寧に描かれていて引き込まれました。
遼太ルートはリバ要素があってウホッ。いいねいいですね。遼太ルートをやっていると、この作品は遼太がメインなのかなと思ったけれど、煌ルートをやっていると煌がメインだと思えてくる…要するにどちらもしっかり楽しめました。

洲清はパッと見コミュ障な根暗キャラかと思ったら手癖のわるいスケコマシキャラだったのが意外だったな。グイグイ来る間男なサブキャラはステキだと思います。

残念ポイントとしては、BADのボリュームが少なかったこと。せっかくシリアスで暗い話なのだから、どん底に落とせる余地はたんまりとあるのになんともったいない。
シリアスボブゲ界はもっとBADに力を入れてほしい!と心から思いました。

メサイア パラノイア・パラドックス


MESSIAH  ~Paranoia・Paradox~

本編をクリア後、すぐに取り掛かったFD。本編その後のアフターストーリー。本編が暗かったぶん、こちらはちょっとコミカルでファンタジー気味。

うれしかったのは、アリス、ヴェロニカ、洲清、蒔田さんなどのボイスがちゃんとあること。やっぱり主要人物はボイスありがいいですね。
目を付けていた洲清との絡みがガッツリあったのも満足ポイントでした。

本編からの流れを踏襲したうえでの話なので、煌とのアレコレは「ああなるほどー」なこともあったりで、拓人はおかしな選択をしてしまったわけだけど二人が幸せならそれでいいや…な気持ちになりました。
煌ルートが非現実的なので遼太ルートのカタギっぷりに「これはBADのルートに入ってしまったのでは」と思うほどには毒されておりました。

司ENDは…司は大きいバージョンにならないといけなかったのだろうか?あの幼い外見はそういう需要を見込んでのものではなかったの?と思ってしまった。要するにあのショタ要素がもったいなかったな。


メサイア、本編もFDもすごく楽しかった!
FDにも本編の内容ががっちり絡んでくるので、これからやろうという人は間を開けず記憶が鮮明なうちにFDをプレイことをオススメしたい。


さて次はなにをやろうかな~~~



メサイア 通常版メサイア 通常版
(2006/08/25)
Windows

商品詳細を見る
MESSIAH  ~Paranoia・Paradox~MESSIAH ~Paranoia・Paradox~
(2008/08/08)
Windows

商品詳細を見る

スポンサーサイト

[BL]ドラマダ感想(紅雀、ミンク、蓮)

2013年11月04日 21:08

8月に始めたドラマダがやっと終わりました…遅い。遅すぎる。こんなんだからボブゲがなかなか消化できないんだ。


紅雀、ミンクはサラッとこなしました。
うーん、キャラクターも話もわたしのツボではなかったなあ。
余談ですが先日ラブホテルの部屋についてのまとめ記事を見ていたら、まんま紅雀の家みたいな写真を見つけて笑いました。
ラブホの部屋

完全に紅雀の部屋でしょこれ。既視感はんぱない。


わんわんお蓮さん


最後は楽しみにしていた蓮。
もふもふのわんこなのにイケボの蓮。いったいどんなことになるのだろうと思っていたら、青葉の中にもう一人別の人格がいるとか、蓮も蒼葉の中にいる人格?だとか、双子の兄がいるとか、結局まとめるとどういうことなの?という状態に…。

最終的に蓮がわんこに戻って、わんこの状態で蒼葉とチュッチュしていたらかわいいんじゃないかな!それが見たいな!と期待していたのだけど、そううまい話があるわけがなかった。わんわんは初期出荷状態に。その後人間の姿になった蓮が蒼葉の前に現れてちゃんちゃん、でした。

蓮でいちばんツボだったのは、蒼葉が蓮とおでこスリスリするいつものしぐさのとき、蓮が前足で拒否したところ。かわいい…このしぐさはネコがリアルでよくやるので思い出してしまった。


BADはウイルスとトリップのあれこれ監禁エンド。いやあ監禁ホモって本当にいいもんですね。なんだかオールメイトまで参加して楽しそうでした。ふふふ。


ドラマダは全体的に薄味で物足りない感でした。
BADもサラッとしすぎていて…わたしはもっともっと濃い味付けが好みなので、どうも不完全燃焼です。キャラデザはあんまりクセがなくてとっつきやすいし、アニメーションやゲームのインターフェースも凝っていてさすが大手といったところだけど、シナリオやキャラクターの個性、セリフが薄かったなあ。FDが出ているそうなので気になるところではありますが…。
もっと深いボブゲがやりたい。


ところで。蒼葉の双子のお兄さん『セイ』の声を聞いた瞬間ハッと気付きました。セイの声は蒼井夕真さんだった!
ドラマダエンドロール


少年アリス買わなければ。



DRAMAtical MurderDRAMAtical Murder
(2012/03/23)
Windows

商品詳細を見る

[BL]ドラマダ感想(クリア,ノイズ)

2013年08月22日 21:36

DRAMAtical Murder [ドラマティカルマーダー]を始めました。
プレイするキラル作品としては、スイプー、咎狗に続いて3つめ。

DRAMAtical Murder(Amazon.co.jp専用オリジナルドラマCD付き)

発売当初サイトでキャラを見たら明らかに怪しい人がいて、いやみんな怪しいんだけど、「この中にどれかひとつ間違いがあります」と言われたら絶対お前だ、ガスマスク。素顔は載せていないのか、謎すぎる。

ところがプレイ済みの人たちが言うに、わたしにオススメなのがガスマスクらしい。
ということでいちばん初めにお前を攻略してやんよ、ガスマスク。

わんわんお!クリアさん


ガスマスク君はクリアという名前らしい。ドラマダのキャラは全員なまえがへんてこりんだ。そして服もへんてこりんだ。蒼葉やノイズのファッションを見て「ああ近未来的なサイバーちっくな世界観なのね」と把握したあと紅雀をみると混乱する。近未来で和装、銀魂か。

話を戻してクリア。
ガスマスクに慣れてきた…というか「取らなくてもアリかも」と思い始めていたころ、結局中盤でマスクを取ってしまったのでちょっとガッカリ。ガスマスク…なんだか拘束具的なかんじで、私にとっては歯の矯正器具もえに通ずるところがあるのではと思いググってみたらwikipediaにこんな項目が。

マスクフェティシズム(wikipedia)
>その異様な外観と呼吸を支配する機能により、ラバーフェティシストの中には愛好者も多い。
>女性に着用させた場合、ミスマッチが特有な美を演出することがある。


とのこと。ちょっと本格的だった。そこまで足を踏み入れるつもりじゃなかったんだ、ごめんなさい。でもガスマスクはアリだということがわかりました。

クリアさんの正体がわかった後でのアレソレでは、あるの!?どうしてそんなことを知ってるの?と思いながらニヤニヤしました。GOOD ENDがかわいい。とてもかわいい。わんわんお!

BADはシンプルなヤンデレでした。
SETSUDAN+監禁というナチュラルで純度の高いヤンデレ。ヤンデレとはなんとすばらしいものだろう。国を挙げて保護すべきだと心の底から思います。

ノイズ


ピアスだらけでビジュアルはあんまり…と思っていたツンデレというかクーデレ?のノイズさん。ツン期でも何故かすごくイイ声で蒼葉にささやく謎。その声ヤバイよぉ////

無理やりピアスをあけるのは今までにぼちぼち見たことあるけれど、すでに色んなところにピアスがついているという設定が新しすぎて興味がわいてきたノイズさん。しかしそのスチルじゃわかりません、いったいそのピアスはどうなっているんですか?よくみせてください。
そしてドMかと思いきやFUKANSHOUかと思いきや…なんか新鮮でした。
デレ期の子供っぽいノイズさんは激かわ。そしてデレ期を通り越し、涼しい顔でスッとこっぱずかしいことを言うあたりはグッときました。相互姫だっこもよかったな…

ノイズさんのBAD2種のうちBAD1は画面が赤かった。画面が赤くて内容はシンプル。BAD2が濃いのかなと思ったら、BAD2はかわいいドット絵でした。BADという感じがしなくてとにかくかわいかった。


クリアさんもノイズさんも受けくさくて、百合百合しいのがいいと思います。
ところで主人公の蒼葉さんは、蒼葉自身の性格や個性の表現が少なくてイマイチよくわからない。もう少し掘り下げてもいいのに、主人公が一番把握できていないというのが少し残念なところ。

つぎは紅雀かミンク。どちらにしようかな。



眼鏡と併用が可能 M04 ガスマスク型 ファン付 フェイスゴーグル フェイスマスク BK眼鏡と併用が可能 M04 ガスマスク型 ファン付 フェイスゴーグル フェイスマスク BK
()
SHENKEL

商品詳細を見る

『コイビト遊戯』さらっと感想

2013年07月28日 03:04

PIL/SLASH3800 コイビト遊戯 完全限定生産復刻ドラマCD付き

PIL/SLASHのコイビト遊戯を完走しました。
以前2chのスレで「コイビト遊戯はストローのインパクトが」というレスを見たのを覚えていて、ストローとは何ぞや…と思いながらプレイしました。

全体的な感想をひとことで言うと、非常に濃厚な味のごはんを8分目まで食べたようなかんじ
絵や声はさほど好みではなかったけれど、予想の斜め上をいくエグい展開が多かったのはツボでした。プレイ順にかんたんな感想をば。

廣瀬 諒


咎狗のケイスケがヒステリックなった感じという印象。こっち系のヤンデレはちょっと苦手です。

滝沢 蓮


一番たのしかったのはイケメンとされる滝沢のBAD2種『暴かれた本性』と『羽化』。病み堕ちというか闇堕ちというか…。
とくに『暴かれた本性』での立場逆転からの裕太が滝沢をとことんいじめるあたりが最高にニヤニヤでした。攻め攻めしい人がいじめられたり、受け受けしい人の攻めにテンションが高まるタイプです。
『羽化』は…強制ピアスとか初めて見た気がする。咎狗あたりでやってたかな?とにかくたのしいです。でもKOKIさん怖い。メンタル系の病院行ったほうがいい。

櫻井 啓寿


もうちょっとスラスラしゃべってほしかった…ボソボソすぎます。そして、すごく…鬼畜です…。
BEST ENDよりも和泉沢ENDのインパクトが強すぎました。犬は裸執事で見て以来です。犬…。

芳賀 伊吹


さわやかなスポーツマンタイプは初めてで、こんな人をHOMOにしちゃっていいんだろうか…と後ろめたさを感じながら攻略してしまった。

藍川 周平(兄)


やっぱ兄弟はいいなあ。兄弟BLはわたしのホームグラウンドだわ。
と思ったら、やっと、やっとここでストローが!なるほど、予想していたのとは違ったけどこれはひどい!(褒め言葉)なぜストローのスチルを作らなかった!?


まとめ


あとで知ったこのゲームのキャッチコピー、「テーマはヘンタイ」だそうです…知らなかった。知らずにプレイしちゃったよ。ヘンタイというよりも鬼畜と表現したほうが適切な気がするけれど、おかしなことになっているのは確かです。
特定キャラへの萌え的なものはまったくなかったけれど、ある意味伝説となる作品だと思うので、いろいろなボブゲをプレイしてきた人にはプレイする価値があると思います。


PIL/SLASH3800 コイビト遊戯 完全限定生産復刻ドラマCD付きPIL/SLASH3800 コイビト遊戯 完全限定生産復刻ドラマCD付き
(2013/02/22)
Windows

商品詳細を見る

同人BLゲーム「学園ハンサム」が始まっていた件

2009年05月18日 23:02

最近、カフェオレ・ライターさんのサイトに夢中です。
記事を書いているのはマルコさんという男性なのですが、
BLの設定、タイトル、帯などに色々とツッコミを入れているのが面白い。
そんなカフェオレ・ライターさんの記事で知ったのですが、
すごい同人BLゲームがあるらしい。
キャッチコピーは、

「校門を抜けると、ハンサムだった――」


一応、心の準備をする必要があるのですが、
恐らくどれだけ準備しても無駄だと思われます。

「学園ハンサム」


OPムービーはこちら。
youtube版とニコニコ動画版はどちらも同じ動画ですが、
初めはyoutube、その後にニコニコ動画のコメントによる突っ込みをご覧頂くと、楽しめると思います。







私は友人宅で観たのですが、笑いすぎて涙が出ました。
「ねえねえ!ここから一人選ぶなら誰を選ぶ?」
とか質問されましたが無理ですごめんなさい許してください。

このゲームを作成している組織名、「チーム欲求腐満」
構成員は北芸術工科大学映像学科の学生7名。

すごいとしか言いようがない。
こんな方向でBLゲームを作る人間がいることに驚愕。
日本は既に始まっていた。


ちなみにマルコさんは、鬼畜眼鏡についてもツッコミを入れており
「パッケージに印刷されている二人の人物が同一人物である」ことに非常に驚いているそうですが、
別によくあることじゃね?
あれですよね、ハレルヤとアレルヤとか、みたいなもんですよね。
鬼畜眼鏡は、メガネをかけると攻になるというのが、個人的に残念です。
メガネ攻も好きですが、メガネ受はもっと好きです。

そしてカフェオレ・ライターさんのメインコンテンツはこちら
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ
生きていく上でまったく知る必要のないボーイズラブの最新事情まとめ[2]



学園ハンサム。。。
発売はいつなのでしょうか。非常に気になります。
値段によっては、購入を検討することもあるかもしれません。

最近「咎犬の血」に興味あります↓

咎狗の血 通常版咎狗の血 通常版
(2005/03/25)
Windows

商品詳細を見る





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。