スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬コミC85に行ってきた

2014年01月02日 00:45

今回も1日目だけ参加してきました。

なんだか…今回は駅から会場までの混雑っぷりが至上最大級で、なかなか前に進まないレベルだった。こわい。

1日目


お手伝いをしつつ、落ち着いたころにお買い物に繰り出し。先日例の犯人が無事逮捕されたので、やっと安心して黒バスのお買い物ができた、よかったよかった。
獲得したのは黒バス、進撃のエレリとエルリ、タイバニあたりを数冊。今回はお友達に頼んだものが多かったので珍しく癖外調査には行かなかったなー。

途中、とあるサークルさんから頂いたすごく衝撃的で大きな紙袋が、友人をはじめお手伝いしているサークルのご近所界隈にまで爆笑され、ちょっとした騒ぎに。
紙袋を持ち帰る用の袋を用意していたのだけど想像以上の大きさで入り切らず困っていたら、ご近所サークルさんに超大型の不織布バッグを頂いて無事持ち帰ることができました…ありがたや…。
ところで『不織布』の変換候補に『腐食腐』が出てくるIMEはポンコツなのか空気が読めるのかどちらなの。

会場ではたくさんのコスプレを見かけたなか、身長差の際限度が抜群な進撃のエルヴィンとリヴァイとハンジの3人組を見かけたのがこの日一番の大興奮ネタでした。
リヴァイとエルヴィンの身長差28cmもあるそうだけど、そのレイヤーさんたちも確実にあたまひとつぶんくらいは身長差ありましたね…しばらく後ろから眺めてニヤニヤしていましたすてきでした…。

次回は壁外調査博


プチ事件もありつつ今回もコミケを楽しむことができました。やったね!
最近のわたしの同人イベントはお手伝いをしつつふわっと買い物をしてお友達に会うというラインナップ。買い物の比重が軽いので気楽で体力的にも余裕がもてる楽しみ方ができているので、まったり楽しい。

次回行く同人イベントは壁外調査博2という進撃のオンリー。前回は開始前のアナウンスがとても凝っていてテンションも高まったので、次回も楽しみです。

圧倒されるコミケの写真


コミケ公式Twitterがツイートしていた当日の様子の写真がすごかったので貼ります。
こうしてみるとコミケってほんとうにすごい。メッカの巡礼かと思ったわ。









これから「コミケに行ったことがないけど行ってみたい」と言っている人がいたらこの写真を見せるといいですね。

スポンサーサイト

夏コミ、暑かったなあ…

2013年08月16日 02:03

今年も夏コミに行ってきました。
今回は1日目のみ。ジャンル配置がいつもとちょっと変わっていて、アニメやマンガFCなど女性が多めなジャンルがすべて1日目に。
駅からビッグサイトまでの道のりで、スムーズに歩けないと「今日は東方もあるのかー」と思うのが恒例なのですが、今回は1日目にそれを体験しました。それだけ女性が集結したんだなあと。ちなみにコミケ参加者は女性のほうが多いのだそう。

壮絶な暑さ


暑い、とにかく暑かった。いつも以上に暑かった。ほとんど売り子をしていたのだけど、動かなくても暑い。
顔に霧吹きを10回くらいかけたような汗ビッシャリな方も見かけたし尋常じゃなかった…。

落ち着いたのでお買い物に出かけたら、黒バススペースの天井が明らかに白んでいた。人間の汗でできた霧…いや、あれは雲かもしれない。

盛り上がる進撃ネタ


今回はあちこちで進撃コスのスタッフやレイヤーさんを見かけてテンションがあがりました。進撃は首から上は素のままでもOKなところが汎用性高いし、人数が多ければ多いほど高まって楽しいなあと思ったり。

壁の列がすごくていったん帰ってきたともだちが「そろそろ壁外調査に行ってくるわ」というので、「ちゃんと成果をあげてこいよ!」と返したりと、わたしたちのような進撃ごっこをしていた人たちはたくさんいただろうな…
スタッフの名言まとめを読んでいると、
「みなさんはこれから壁内調査に行きます!」
「走らないでください!走ると奇行種とみなされ駆逐されます!」
のように案の定進撃ネタが多かったみたい。ああたのしい。

夏コミを舐めちゃイカン


今回、夏コミ初参加の友人が当初あまりにライトな心構えで「それは死ぬよ!」という状態だったので、夏コミがいかに過酷であるかを洗脳レベルで教え込むというお仕事をこなしました。

それにしても今年は例年より格段と過酷だった気がする…。
コミケの帰り、友人は「もう夏コミは行きたくない、もういやだ」とうわごとのように繰り返し、死んだ魚のような目をしていましたが、いままで参加したコミケは冬コミのみという彼女にわたしは「冬コミは甘え」と言っておきました。

夏コミ必須リスト


来年のためにメモを残しておきます。

  • 凍らせたスポドリ500ml最低2本

  • 保冷剤中~大サイズを最低2つ(パンチして冷えるやつより、凍らせておくタイプのほうが持続性が高い)

  • 汗ふきシート(ギャッツビーの超冷えるやつを必要枚数ジップロックに入れて軽量化)

  • 保冷バッグ(スポドリと保冷剤)

  • タオル(長いやつ)

  • 塩飴

  • うちわ

  • ウォータープルーフのマスカラトップコート(マスカラが汗で流れるのを防止)

  • お買い物バッグ

  • クリアファイル

  • ペン、メモ用紙

  • 現金



はあ、つぎは冬コミだ。やっぱりわたしは寒いコミケのほうが好きです。


王子と!恋するプラネタリウムに行ってきたレポ

2013年08月04日 01:52

さいきんよく蚊に刺されます。いろんなところがかゆい。ポケムヒを買おう。

サテ、石田彰さんがナレーションをする王子と!恋するプラネタリウムというものに行ってきました。
このプラネタリウムは4人のキャラクターがいるという設定らしい。石田さんは館長、ほかには平川大輔さん、福山潤さん、遊佐浩二さん
ちなみに『王子と!』というのは会場『北とぴあ』のある東京都北区の『王子駅』とかけているようで、たぶんプリンス要素そのものはない。

王子と!恋するプラネタリウム ポスター

王子と!恋するプラネタリウム キャラクターパネル

王子と!恋するプラネタリウム 石田彰サイン

内容


キャラクターとあなたの二人っきり(という設定)でプラネタリウムが見られるよという乙女系の内容。石田さんのキャラ『館長』が投影機の説明やいろいろな夏の星座について『君』に語りかけるようにおはなししてくれます。
わたしは乙女系が苦手なのだけど、さほどガッツリしていなかったし、とにかく声を楽しめました。正直はじめはニマニマしてしまった。
声的には落ち着きのある穏やかな感じで、例えるなら夏目友人帳の名取先生っぽいのかな、すてきでした。

後半、「寝てた?なんてね~…おはよう」みたいなセリフの「おはよう」部分の言い方がなんともかわいい(?)穏やかな(?)言い方でやたらとぐっときました。
あそこだけ切り取ってお財布に入れて持ち歩いてたまに取り出して堪能したい。

ああそうだ初めて石田さんのリップ音を聞いた気がします。あああああ

ひとつだけ気になったのは最後の最後の終わり方。なんだか唐突に感じました。周りの人も「えっ?これで終わり?」と軽くざわざわしていたので、少なくともわたし以外にも違和感を感じた人はいた様子。

設備など


投影機について説明してくれるプラネタリウムは初めてでした。
「この投影機は20年前?に購入したもので、今ではちょっとレトロなんだよ~」的な説明があったように、そもそも施設自体が古いようで、星の説明をするときは星が点滅や強調されるのではなく、動きのぎこちない矢印が表れて星をなぞる、というアナログな方法でおどろき。それがまた味があるのかも。
座席のリクライニングは浅めで頭上の星を見るには首をさらにそらして見上げないといけないかんじ。古い分、いろいろと不便を感じる部分があるのだなという印象。

入場時貰ったチラシに載っていた石田さんのインタビューには、「一般投影は月2回なんですよね。やってないと人は来ないし、人が来ないと毎日はやれないという…ジレンマがあるのかな。」とあったので…いろいろと大変なんだなあ。

プラネタリウムに足しげく通う人はなかなかいないし、設備もちょっと古めだし…みんな最新の設備があるプラネタリウムに流れてしまうのかなと。
なので今回のようにコンテンツに力を入れる今回のような試みはユニークだと思います。チケットは完売したし、追加公演もあったようだし、キャスト的にも第3回第4回も申し込みが殺到すると思うし、これからもこういった企画があれば(石田さんだったら)行きたいなと思います。今度はキャラクターありきではなく、通常のプログラムで、ナレーションに声優さんを起用するという一般の人にもやさしいさりげないタイプがいいな。


冬バージョンの遊佐さん回がちょっと気になります。



ドラマCD 息遣いシリーズ お屋敷編~執事と義弟の取り合い吐息~ドラマCD 息遣いシリーズ お屋敷編~執事と義弟の取り合い吐息~
(2013/10/31)
(ドラマCD)、保志総一朗(結城奏汰) 他

商品詳細を見る

スパコミ行ってきた

2013年05月07日 00:38

スパコミ両日行ってまいりました。
今回はめでたく黒バス解禁だったので、ビッグサイトで黒バスは去年の夏コミ以来。
両日売り子しながらお買いものしたりお友達に会ったり。久しぶりに雑貨&アクセジャンルもプラプラできました。

同人用レジアプリに感動


さいきん売り子をしているときはスマホのレジアプリを補助的に使っているのですが、今回は同人用に特化したレジアプリを使ってみました。

同人用サークル電卓「どびん」
このアプリ、すばらしく使いやすくて感動。
このアプリの特徴は、実際の机上に置いた本と同じようにボタンをレイアウトできるので直感的な操作ができるところ。
経験者はわかると思いますが、複数買いする人はだいたい机上の本を指さして「コレとコレとコレください」と言う人が多いので、本のタイトルで識別してアプリのボタンをタップするよりも視覚的にタップしたほうが圧倒的に早いのです。

この手のアプリは定期的にチェックしていて、これを見つけた時から「ぜひイベントで使ってみよう」と思っていたわけですが、実際使ってみると想像していた以上にいい仕事ができるアプリでした。感動。
サークル主さんや売り子さんはぜひ使ってみてほしい。

お買いもの


お買いものは…なんだか最近同人誌欲が薄まってしまったので、作家買いで数冊買ったくらい。
スパコミといえば、ちょうど2年前のスパコミ会場でタイバニというものが流行っていることを知ったイベントでもあります。それからあまりの人気に見てみたら激ハマリして、以来同人誌を買い漁ってきたわけですがだいたいのうさとらは一通り読んだので気がすんできた感じ。

1日目は東にいたのですが、開場して1時間後にお買いもの行っていいよ~と言われたので恐る恐る西の黒バスに行ってみました。どれほどの地獄絵図なのだろう…と恐怖していた割にはけっこうマッタリ。壁やシャッターの一部で列がくっそ長いところがありながらも、心配していた割にはスムーズなところが多かったのでほっとした。
なんとなく気になっているCPのひとつが黒黄なわけですが、わたしの趣向に沿うような黒黄はたぶんないのでカワイイ黒黄を1冊買ってみたところ…それを読んだ友人に「百合百合しくて新鮮」と言われてしまった。

アフター


2日目のアフターはアニカラ大会をした後、個室のごはん屋さんでああだこうだと腐ったお話をしたり趣向の話をしたり同人のブームについて考察したりでなんだかとても盛り上がってしまった。
わたしは基本的に病んでいるものが好きなので、病み依存を追及した結果なら腹をパカッとしたりカニバったりでも構わないのだけど、それを友人に全力で否定されるなか、その場にひとり理解者が現れてわたしは救われました。
そのほかのエピソードとしては、サイコパスの最終回で宜野座が伊達メガネだったことが発覚した時の私の怒りっぷりがおかしかった件とか、神学校で最後の最後に頂こうと思っていた大好物がアレだった件などがおもしろエピソードとして話題に…。

いくつか病みBLをオススメしてもらったのでこちらにも貼っておきます。
次回の大きいイベントは夏コミ。いちばん苦手な夏コミ…暑さ対策を考えると気が滅入ってしまうけど楽しみ。



倒錯者Aの告白 (ガッシュ文庫)倒錯者Aの告白 (ガッシュ文庫)
(2007/09/28)
綺月 陣

商品詳細を見る

不実の永遠(とわ) (リンクスロマンス)不実の永遠(とわ) (リンクスロマンス)
(2007/01)
水戸 泉

商品詳細を見る

愛罪の代償 (白泉社花丸文庫BLACK)愛罪の代償 (白泉社花丸文庫BLACK)
(2010/05/20)
水戸 泉

商品詳細を見る

C83お疲れさまでした

2013年01月03日 00:50

無事おわりましたねー。
私は今回も1日目(アニメ系)と2日目(ジャンプ系)に参加。冬コミなので、魔法びんにお味噌汁を入れていこうと思ってインスタントのお味噌汁を用意しておいたのに実現できませんでした。お味噌汁はおうちでゆっくりすすります。

1日目


この日は雨が降る降るといわれていたけれどもガッツリ快晴、よかったよかった。お目当てはタイバニ。そろそろ落ち着いてきたと思ったのですが…えらい時間を使いました。戦利品はうさとら8冊くらいと少しギアス、3000円ほど。物欲もけっこう落ち着いてきました。
ところどころ混雑していたのはKの本を出しているところ。猿比古のヤンホモっぷりにうはっとなりつつまだ数話しか消化しておりませんがメガネ+ヤンホモ×チンピラ?が新鮮です。はやく消化しないと…!

帰りに食べたえびそばがおいしかった。以前食べたときにとてもおいしかったので、ずっと食べたかったんだ…
この日は挨拶したい人全員に会えたのでとてもまんぞくです。

2日目


私はお手伝いしつつ空いた時間にBLゲームのプチオンリーみたいな企画BG projectのシールラリーをして冊子をいただいてきました。同企画に参加している同人BLゲーム『少年アリス』が初売りでスペースは大盛況でした。私はどこかのお店で購入する予定ですがいまからたのしみ。

そして今回の冬コミで一番懸念されていた黒バス、今回はとりあえず無事安全に終わりました。まだ解決していない事件なので言及することを避けていたのですが、閑散とした黒バススペースを目の当たりにするのはなんともせつないものでした。暴力に屈するのは正しい対応ではないと思うし、イベントやジャンルが軽視されている感が否めなく理不尽な気持ちです。はやくイベントが楽しめる日がくることを願います。

おまけ


C83反省会のレポートを読んでいたら、メディアでの放送についていくつか記載があったので覚書がてらメモ。

・1/26 日本テレビ 世界一受けたい授業
 →待機列を上から撮影したテトリスのような人の動きについて紹介するそうで、これは私も非常に興味があります。
・2月後半 NHK クローズアップ現代「二次創作とパロディ文化の行方」
 →マジメな方面からの特集かな。津田大介さんが出演しそう。
・未定 テレビ東京 外国人密着番組
 →「外国人を密着取材していたらコミケに来てしまったのでそのまま取材」することになったそうで。リアル感満載の香りがする。

以上の情報元はこちら。橋本充電中 - [C83]コミックマーケット83(2012冬) 3日目反省会レポート


次回C84は日程ががらりと変わったようで、私は1日目で用事が済みそう。次回はみんなで楽しみたいですね。





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。