スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背徳のマリア/綺月陣 感想

2013年05月12日 12:43

とにかく病みBLを読みたい、という欲求からがんばって発掘しているシリーズ。
今回は主にamazonのリストマニアとレビューで気になったものから、『背徳のマリア(上下巻)』


背徳のマリア (上) (ガッシュ文庫)背徳のマリア (下) (ガッシュ文庫)


以前ちらっとさわり部分に触れています。ネタバレになるかも…?→こちら

ネタバレなしにざっくり書くと…というかどこからネタバレなのか人によってさまざまな気がするのでかなりふんわり表現すると、
相当重い。
これはBL…というくくりに入るのか?と思うようなジャンル。ものすごい執念でひとりの男性にすがる人の話。
脇カプの兄弟は出番が多めで、このカプも相当病んでいるので病み兄弟好きな人はたまらないはず。
けれどメインカプがとにかく重くて、痛い描写が相当多くても大丈夫な人向け。そのぶん病み成分はじゅうぶん。
人によっては、しばらくあとを引きずるレベルなので要注意です、たぶん。


以下ネタバレです。


すさまじい執念に恐怖するBL


最初、主人公が完全に性転換した状態で始まったので戸惑ってしまった。延々と続くNLの生々しい表現…これはBL…というくくりに入るのか?と疑問符が浮かびながら読み進めたわけです。


ざっとあらすじを説明すると…
めちゃくちゃ好きな親友に「別荘買おうぜ、将来お互いの家族を連れてこの別荘に遊びにこれたらステキやん?」を真に受け女性とケコンし、
「おまえが女だったらケコンしてたよー」を真に受け自分を死んだことにして性転換し親友のもとに現れ、
親友はすべてを受け入れて一緒になってくれたけど、今度は子供がほしいあまり自分で自分の腹を切って卵子を埋め込むも途中で失神し、最終的に半身不随+言語障害が残って車椅子END

途中に出てくる脇カプ兄弟は、特に医者の兄がヤンデレ。
兄は、弟の手術を執刀するどさくさに紛れて自分と弟から作った受精卵的なものを体内へ。術後、弟は何も知らないまま入院生活を送るけれど、次第に自分の身体の変化に気付き、腹の中で動く何かに恐怖し自分の腹を…。弟は一命を取り留めるが、兄は精神崩壊。


重い。めちゃくちゃ重い。


たぶん、真正面からいけばいちばん簡単だったのに、ものすごく回り道をしたうえ、道中崖から落ちて重症を負いボロボロになってしまった、というシンプルなおはなし。だけどその回り道の仕方と、重症具合が尋常じゃなかった。

たびたびグロかったり痛かったりする描写があるけれど、クライマックスでもあるセルフ手術のくだりがいちばん痛い描写でした。自分で自分の腹を裂くほどのすさまじい執念に恐怖しながらもすばらしい病みっぷり、業が深い話です。

わたしは執着系が好きなのですが、ここまでのレベルは初めてでした。読んでいる最中は、いったいどこまで堕ちるのか、どう収拾をつけて終わるのかがまったく読めず、非常にワクワクして読めました。

こうも読者を選ぶ作品が、きちんと世に出て、それを読むことができるのはすばらしい。としみじみする作品です。


背徳のマリア (上) (ガッシュ文庫)背徳のマリア (上) (ガッシュ文庫)
(2011/05/28)
綺月 陣

商品詳細を見る

背徳のマリア (下) (ガッシュ文庫)背徳のマリア (下) (ガッシュ文庫)
(2011/06/28)
綺月 陣

商品詳細を見る
スポンサーサイト

兄弟&兄弟―夏/丸木文華 感想

2013年04月22日 00:56

オオオお久しぶりです。
22日にして今月初の記事だなんて。ちょっと忙しかった。
最近は1日1回はパズドラをやったり、セブンイレブンの給食ムースアイスにハマっていたり。


衝動的に依存度強めの兄弟ものBLが読みたくなり、ついカッとなって買ってみた。
丸木文華さんの『兄弟』というそのまんますぎてちょっとはずかしいタイトル。
amazonでそこそこよいレビューがあったので、続編とあわせて2冊。

丸木文華さんはBLゲームブランドPIL/SLASHの『コイビト遊戯』『マスカレード』のシナリオを書いている人。
このふたつ、まだ未プレイだけれど興味があるのでプレイする予定。たしかコイビト遊戯は兄弟ものだし、ほかの小説作品も近親ものが多いのでお好きなんだろうな。

ということでネタバレです感想。

兄弟


兄弟 (アズ・ノベルズ)


  • 受け攻めを知らず読んだら弟×兄で、どちらかというとこちらのほうが好みでした、やった。

  • 弟が「兄貴、兄貴」っての依存度がすごい。ただ兄貴呼びってガチムチのイメージが…。

  • 二人の間に大きな溝というかわだかまりがあったけれど、弟のストーカー並みの執念のおかげで兄がほだされて…というかんじ。

  • しかし。弟が苦手で苦手で避けていた兄はどうやってほだされて、どういう心情の変化があって受け入れたのかが省略されている…そこだよ、そこが読みたいのにな。

  • 兄弟ゆえの葛藤やら背徳感が物足りなかった。素材はよかったのに味付けがあまり好みじゃなかった感じ。

  • 依存しまくり兄弟はおいしかったです。



兄弟 ― 夏


兄弟―夏 (アズ・ノベルズ)


  • 兄弟がくっついたあとのおはなし。濡れ場がかなり多い。

  • いつの間にか兄も弟に依存しまくり。だからそれまでの経緯を知りたかったのですが。

  • 当て馬的な人の謎が最後に明かされるわけだけど、一言で表現するならアレハレ。アレハレの意味があったのだろうか…

  • 前作に出ていたサブCPの話がすごくツボった、すごくツボった。特に攻めが病んでいた。どれくらい病んでいるのかというと「このまま二人で死んじゃおっか…」とか言い出すレベル。イイヨイイヨ~~。この人たちがメインになった話を読みたいです……。

  • しかしメインの兄弟も、ちょっと叩くとそういうレベルになるんだろうなと思うとたのしいです。




普段小説を読まないのだけど、amazonでビイエル小説を漁っていたら病み系や兄弟ものが多いのではないか…と気付き、気になるものをいくつか買ってみた。
今読み始めたのは背徳のマリア (上巻)。なんかすごい展開になってきて「これはBLというカテゴリでいいのか?」と思えてきた…。ある意味おもしろい。進捗具合は上下巻あるうちの20%、まだまだです。

最終的に面白かったらまた感想を書きます。

ノケモノと花嫁、Aの劇場の特典まとめ

2012年06月10日 21:55

先日空と原、ウツボラ2巻が出たばかりなのに、また2冊コミックスが出るようでリリースラッシュです。
ということで、今でている時点でのまとめ。

ノケモノと花嫁 THE MANGA 第三巻


879円 6/20発売
アニメイト限定版:ダブルカバー仕様→
商品ページ
amazonはこちら→ノケモノと花嫁 THE MANGA 第三巻 商品ページ

Aの劇場・上(仮)


2400円 7/20発売
ゴシック&ロリータバイブル連載の作品。
アニメイトオリジナル特典:複製ミニ色紙→
商品ページ
amaozonはまだページがないみたい


え、Aの劇場が2400円…?どうしてこんなに高いんだろう??

久しぶりに読み返してみた


ところで先日急にJの総てを読み返したくなり読んでいたのですが、
これを初めて読んだときに「あすみこさんはBLというか、ゲイを描くのが好きなのかも…」
と感じたのを思い出しました。

初期の作品でまだ読んでいないのが鶏肉倶楽部コペルニクスの呼吸
鶏肉倶楽部を買って読んでみたら、全部読んだ記憶がある作品ばかりでした。
どうして読んだことがあるんだろう…買った覚えは全く無いので、借りたのかな…謎。
絵柄は今とけっこう違うけれど、クセとか特徴は全く変わらないなーと思いました。

明日美子さんのカラー作業をする動画がyoutubeにあったので見てみました。
2011年8月のものなので、けっこう最近。
photoshopで線画に延々と色をつけていく作業を見ていたのだけど、マウスでやっていることにすごく驚き!
カチカチカチカチ音がするんです、たしかにマウスだとクリック数がとても多くなりますよね…
ペンタブだったらタブレットにペンを置くだけでいいし、こまかい位置もペンのほうがラクだと思うのだけど、
プロの方でもマウスのみでカラーするんだなあ…

しかし明日美子さんの線画、とてもきれいでためいきが出ます。
線画はアナログなのだと思いますが、インクをつけて描いてつけて描いて…
で、あんなにきれいな曲線が作れるなんて本当に…芸術><

中村明日美子式 カラーマンガができるまで 01



複製原画展、いけばよかったかも…


そういえば複製原画展、横浜と千葉と大阪での開催でしたが、
横浜と千葉はウツボラの複製原画、大阪は他作品の複製原画がたくさん展示されていたんですね。
わたしはどこも同じ展示内容だと思っておりました…(´・ω・`)

ついでに明日美子さん情報といえば、ダブルミンツ、空と原のドラマCDのキャスト、
まだ発表になっていないようですが気になります。

『憂鬱な朝/日高ショーコ』感想

2012年06月03日 23:51

病んでいるBLマンガを模索中ですが、気になるリストに入れておいたBLマンガに挑戦してみました。

憂鬱な朝/日高ショーコ
憂鬱な朝 (1)(キャラコミックス)憂鬱な朝 2 (キャラコミックス)憂鬱な朝 3 (キャラコミックス)


以下やんわりネタバレがあるかもしれないので気を付けて下さいね。


同じく日高ショーコさんの『花は咲くか』とずいぶん迷いました。
どちらも、平積みされていて、3巻まで出ていて、まだ完結していない、という状態。
お店でamazonレビュー見ながらしばらくウンウン考えて、
どちらもレビューは良さそうで(なのでリストに入れていたのだけど)、
悩んだ結果『憂鬱な朝』を選んだ理由は、こちらの表紙のほうが暗そうだったから
しかしBLマンガで3巻以上出ているものって珍しい。
というかBLはどうして1~2冊で終わるのでしょうか。

感想的なあれこれ


日高ショーコさんはBLいっぱい描いているみたいだけど、初めて読みました。ストーリー重視派にはよさそうかも。
明治あたりの、子爵とか財閥とかいい家柄の人たちのシリアスなお話でした。
読み進めていくと、身体の関係はすぐには出てこなくて、話も面白いし、キャラクターが魅力的なので、
「どっちがどっちなんだろう…」と気になって気になって…
結局私の想定通りでしたが、リバだともっといいな…うけせめ関係ないテンションはいい。

結局3巻まで読んでも、ふたりはまだくっ付きませんでした。
BLマンガだし大概くっ付くんでしょうけど、もう今後の展開が気になって気になって…。
続きはまだですか。
どうも1年に1巻のペースらしいです。今買うんじゃなかったと後悔しております。
これから新規開拓するときは、完結してから買おうと思います。
『花は咲くか』は完結してから検討することにします。

みなさんもどうか気を付けて下さい。


『空と原/中村明日美子』感想

2012年05月24日 00:51



同級生 (EDGE COMIX)卒業生-冬- (EDGE COMIX)卒業生-春- (EDGE COMIX)空と原 (EDGE COMIX)


いよいよ、同級生・卒業生でずっと報われなかったハラセンのお話が読める…
あの大好きなシリーズを2年ぶりに読むことができる…うおおおお

事前調査はバッチリ
特典がつくアニメイトで取り置きしてもらい購入しました。
ウツボラ&空と原

以下ネタバレとなりますのでご注意ください。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。