スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咎狗の血 True Blood

2011年09月24日 00:32

友達に借り放置しており借りパク状態すぎて申し訳なく、やっと手を出しましたPS2の咎狗の血True Blood
TBの新キャラ、ユキヒトが神谷さんボイスだとの事で、ユキヒトだけ攻略して返すつもりでプレイしてみた。

ケイスケがこんなに絡んでこないストーリー
PC版だと、どのルートでもケイスケが非常にしつこく絡んできたので「アキラァ~」が耳から離れませんでしたが、
ユキヒトルートはケイスケがアキラの血でグワアアとなってから二度と出てきませんでした。
というか確認もしていないのにお亡くなりになったような、お空から見守っててね的な扱いでした。アキラァ…

さわやか…
18禁なPC版と違ってTBは全年齢向けなのですが、チッスすらしていないとか…えっ?
他ルートはチッスあるものもあるんですかね。
チッスも好きだとかもないので普通に非BL作品のようなお話でした。

トウヤと助けに来たところがカッコイイ
一番ふおおとなったところでした。スチルもかっこよかった。
てかトウヤカッコイイじゃんこの後ぜひ攻略したいーと思ったらトウヤ攻略対象じゃなかった、
あんなイケメンなのになぜ!?

リンちゃんやシキ病みENDも見てみたかったけれど時間がかかるのでやめます。
やぱり中盤までのビトロ様の落ち着いたHENTAIっぷりがすきです。

咎狗の血 True Blood(通常版)咎狗の血 True Blood(通常版)
(2008/05/29)
PlayStation2

商品詳細を見る
スポンサーサイト

咎狗フォルダ

2011年01月08日 02:04


この冬、私のPCに咎狗フォルダができましたことをここにご報告いたします。

とにかく咎狗の血はすさまじいアニメでございました。
2005年に発売され、未だに根強いファンがいるBLゲームがアニメするという事で、
さぞかしファンを満足させるアニメになる事だろうと想像しておりました。

2010年のアニメフェアにて初めて見たトレーラーは原作よりもキラキラしており、
原作のドロドロした血生臭さを、ソフトに演出する方向なのかしらと解釈しておりました。

そう思っていた時期が私にもあったのです…(^o^)

ある意味、刺激が強いものがありますので折りたたみます(^o^)

咎狗\(^o^)/オワタ

2010年02月23日 00:39

やっと終わった…長かった…私がgdgdだったのでモタついたんだけど…

せっかくなので感想的なメモ。

私の攻略順は以下です。
ケイスケ→リン→源泉→シキ×3→n(ナノ)

以下ネタバレ含みます。ご注意ください。




ケイスケルート


ヤンデレならケイスケだよ、と言われていたけれど、
ケイスケは「あなたが好きで憎いんですアヒャヒャ」なヤンデレで、
私の好きなヤンデレの部類ではなかったようだ。
どのルートでも病んで猟奇的になったケイスケがアキラの元に来るので、
おなかイッパイになってしまった…
しかし伝説のドライバー事件が見られて楽しかったw
ケイスケルートBADのアルビトロENDが好みでした。
前半のアルビトロはステキです。後半ヘタレ化してショックだったけどw

リンルート


唯一の主人公攻めルートなので貴重でした。
リンは元気な少年なのでさほどテンソンあがっていなかったのだけど、
「実は隠された暗い過去が」的なエピソードもあり、人に依存する具合がツボりました。
最後の最後に、アキラに会いに来たときの成長したリンがそれはもうテライケメンで、
あの元気で横着なリンがなんという好青年に…!とビックリしたところでおしまいってなんぞ!
ED後のお話が見たい一番のCPだと思いました。

源泉ルート


「小汚いオッサン萎えるぜ」と思っていたけれど、源泉ルートのアキラは可愛かった。
源泉の大人な振る舞いと、ちょっとヘタレ気味になるところもよかった。

シキルート


咎狗のメインCPなので期待値が高かった。
シキさんかっけーっす。
車椅子END/軍人END/KANKIN ENDの3ルートあるうち、KANKIN ENDが一番よかったw
軍人ENDは、何故アキラはシキに対する態度を急変させたのか
という経緯があまり描かれていなかったので、
「え?なんでいきなりそんなことになったの?」と疑問が残ってしまった。

n(ナノ)ルート


nの、もっちゃりした喋り方がちょっとしんどかったけれど、
最後あたりでようやくほんのりデレた辺りはちょっとニンマリしました!
NLだけど、nとエマの部分をもっと見たかったな…

全体を通して


楽しめた順は、シキ>リン>源泉=n>ケイスケ な感じです。
時間を掛けすぎたので忘れている部分もあるけれど…

咎狗は…というかNitro+CHiRALの作品がそうなのかな…よく知らないけれど、
運命的・必然的な惹かれ方をする感じのお話が多めなので、それがよく分からないかもしれない…
私は登場人物に自己投影したり感情移入してプレイするタイプではないけれど、
ある程度共感しないと入りにくいので、
「そういうことなんです」といきなり断言されるより、
「○○で○○だから○○です」という理由が欲しいんだと思いました。
てか、私は魂のステージが低いので理解力に乏しいんだ…(´;ω;`)

楽しかったです!
プレステ版は神谷さんがいるようだし、機会があったらやってみたいです。
次はやっと、「薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク」を始めます!
貰ってからどんだけ放置していたんだって感じだ…ごめんなさ…



咎狗の血 True Blood Limited Edition(「オリジナルドラマCD」&「キャラクターファイル」同梱)咎狗の血 True Blood Limited Edition(「オリジナルドラマCD」&「キャラクターファイル」同梱)
(2008/05/29)
PlayStation2

商品詳細を見る

咎狗がんばっています。

2010年01月13日 00:41

ネ、ネタはあるんだけど更新できないお…(´Д⊂ヽ

最近何しているのかって言うと、割と遊んでいるし、
あとどうにか積みゲーを消化しようと頑張っています。

「薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク」をお友達に貸したらえらく気に入ったようで、
なんとかパックを買ったらしい。そんなにいいのか…
そのお友達は、私と同じく病んでいる系が好きなのでこれはツボなのかも…?
よし、今プレイ中の咎狗が終わったら、次は薔薇だー
と息巻いてみる。

私の咎狗攻略順はこんな感じ。
ケイスケ

リン

源泉

シキ ←いまここ

n
あ、BADのアルビトロendは終わりました。
ケイスケが病んでいるので私向けかと思ったけれど、違った…。
ショタ気味なリンは、最後の最後に成長したリンが出てきて非常に男前で…この続きが見たい。
源泉ルートのアキラが非常に可愛くて、オッサンかよ萎えるとか思ってすみませんでした。

ぼちぼち面白いけれどそこまでブワワと来ていない。
これからが面白く感じるのかな…?


そんなかんじで頑張っています。



咎狗の血 Vista対応版咎狗の血 Vista対応版
(2007/04/05)
Windows

商品詳細を見る


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。