スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ』舞台挨拶レポ

2013年07月28日 01:31

7/20の銀魂舞台挨拶に当選しまして、千葉の京成ローザ、イオンシネマ市川妙典、ユナイテッドシネマ豊洲の3上映分行ってきました。まさか3つすべて当選するとは思わず、というかチケットが重複してしまったのでどうしよう?と思っていたけれど引き取っていただける方がすぐ見つかりましてよかったよかった。

もう1週間も経つと記憶がおぼろげなので3会場ぶんのおはなしを混ぜ混ぜしつつレポ。


登壇したのは、以下の5人のかたがた。
石田彰さん(桂小太郎)
雪野五月さん(志村妙役)
小林ゆうさん(猿飛あやめ役)
折笠富美子さん(柳生九兵衛役)
甲斐田裕子さん(月詠役)
藤田陽一監督

おめしもの


石田さんはストライプのシャツにGパン。ふつう。
雪野さんはこの暑さなのに着物をしゃんと着こなしていてすごい、そしてすごく小柄。
折笠さんは地声が高くてご本人もホワホワしていて、九ちゃんのイメージとは真逆な方でした。
小林ゆうさんは叶美香さんみたいにかなり赤い髪で、ピンポン大くらいのキラキラ光る指輪が目立っていました。小林さんのスタイルがいいのは知っていたけれど、首がすごく長いことに気付いて親近感。わたしも首がとても長いのです。
甲斐田さんは先日のイベントでの貫録ある着物姿とはうってかわってエレガントなパンツルック。背が高いんですね。

トーク


今回のメンバーは小林ゆうさんがいたので…小林さんがしゃべるたびにキャストの人がツボってしまうというパターンでした。石田さん中心に、特に印象深かったおはなしをいくつか。

「銀魂アニメを7年やって変わったことは?」


石田さん「桂はもともと完成されているから…生まれた時からあんな感じだったかもしれない。オギャーじゃない、桂だ、とか言ってそう」
という発言が結構ウケていたけど「あ、そんなにウケるとは思わなかった…」ってちょっと動揺していたのがかわいかった。
この発言はのちに銀魂公式Twitterにて「名言」として広まることとなったのでした。

風立ちぬネタ


監督「今日は零戦の映画初日だというのにみなさんこちらを見に来ていただいてありがとうございます」

石田さん「今日の映画にはもう一つ別バージョンがあるんです。主人公の声を庵野さんが吹き替えているという」
監督「演技指導できないよw」
石田さん「いやそれは必要ないでしょう、『演技しないのがイイ』らしいですからw」

風立ちぬ監督を軽くdisっているような…www

中井さんいじり


石田さん「アフレコ中は雪野さんの中井さんいじりが楽しかったです」
雪野さん「いじりっていうか…座るときに石田さんと私の間に中井さんが座るので、必然的に中井さんと話をすることが多くていろいろ…」
石田さん「それを見ていて中井さんかわいそうだなあと思いながら、ふたりの会話に参加することができて楽しかったです」

エリザベスの声


石田さん「エリザベスの声が…まさかの神谷明さんで、どうしてあんなビッグな人を起用したのかと驚きました」
藤田監督「神谷さんはジャンプ作品で数々の主人公をやっているという縁でw」(←たぶんこじつけかと)
藤田監督「神谷さんがアフレコするとき、坂口さんと杉田さんは自分のアフレコがない日だったけど見学に来てたんですよw」
坂口さんと杉田さん、わざわざ見学に行くなんて子供みたいでかわいい。

本当に終わるの?


藤田監督「銀魂は終わる終わる詐欺と言われていて、実際アニメが終わっても何度も再開していて、我々は完走するたびにゴールテープを何度も引き伸ばされているわけで。今回は本当に終わりだけど、また今度もゴールテープが引き伸ばされることもあるかもしれませんのでそのときはよろしくお願いします」

客観的に見て銀魂はまだまだ売れるコンテンツなので、ネタと環境さえあればまた再開するんじゃないかなというのは軽い考えなのでしょうか。でもアニメの銀魂は本当におもしろいからまた再開したらいいなと思います。





劇場版銀魂 銀幕前夜祭り2013 [DVD]劇場版銀魂 銀幕前夜祭り2013 [DVD]
(2013/10/23)
杉田智和、阪口大助 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

『劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ』を見てきた

2013年07月08日 23:08

初日に行ってきました。

劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ


以下ネタバレです。


まさかの映画泥棒


わたしは異常に映画泥棒が好きなので、映画を見るときはいつも楽しみにしているのですが、今回初めて新バージョンの映画泥棒をみることができてちょっとソワソワしてしまった。噂には聞いていたけれどあのおねえさんはいなくなってしまったのね…

映画泥棒の直後、アニメーション版の映画泥棒がはじまった…?いや違う、これは映画泥棒じゃなくて本編なんじゃないか?とおもっていたらやっぱりこれは銀魂本編だった。さすが銀魂、ふつうに始まるわけがなかった。
そして前座的な笑いをとるためだけに登場したと思っていたこの映画泥棒が、ストーリーのキーマンとなるとは思いもしなかったのである…。

新八さんとグラさん


キービジュアルにもあるようになんだか成長した新八と神楽。新八はえらくクールなメガネで見ているうちにかっこよく見えてきてしまったメガネ属性のわたし。
神楽は「勘違いしないでよねっ!」を連発する完全なるツンデレキャラに。銀さん曰く「声優を使いこなしてる!」あのへんなイントネーションの神楽ちゃんがかわいいのに…と、こちらはとてもさみしい。

前半のドタバタコメディ


前半はほかのキャラがパラレル的なお遊びをして銀魂らしいドンチャン騒ぎがありつつもシリアスな展開に。シリアスな中にも声を出して笑ってしまうほどの笑いポイントがあり、まさに銀魂らしいなあと思うのでした。
わたしは銀魂のギャグのターンが好きなので、シリアス風味が強すぎたら退屈だなあと思っていたけれど、今回は客席からしばしば笑い声があがるほどにギリギリの下ネタやギャグ要素が多くて本当におかしかった。

後半のシリアス&バトル


後半は、いろんな要素がごっちゃり混ざりつつも、メインテーマである万事屋の絆的なストーリーもいい流れだったし、神楽ちゃんがちゃんとアルアルに戻ってかわいらしいことを言うようになったし、多少強引さは感じつつもキレイに締まって、原作やアニメをさほど消化していないわたしにとっても、突き抜けた笑い、シンプルな感動、キメるときはキメる主人公と主要キャラ、これぞ銀魂だなあと思ったのでありました。

その他キャラとか


個人的に好きなキャラクター的には、冒頭の無言でボケ続けるヅラちゃん、だけれど最後にいい語りを始める親友ポジがおいしかった。マダオもちゃんと登場して段ボールの鎧で頑張っていたし。そしてなによりいちばんホワワとなったのは、九ちゃんがであった…お妙さんに対しての九ちゃんマジ男前だしカワイイし九ちゃんマジ…。

映画が終わった直後に友人と話したのは、高杉がひとことしかしゃべってない、ということでした。あの一言だけのために子安を呼んだんだろうか…。


入場者特典『零巻風メモ帳』



『劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ』入場者特典『零巻風メモ帳』


空知先生のコメントがいつも以上に容赦なかった。

『劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ』入場者特典『零巻風メモ帳』作者コメント


本当におもしろい映画でした。いやあ初日に行って本当によかった。わたしは紅桜編よりもこちらのほうが笑いが多くて好み。機会があればもう一度みてもいいかな!というレベル。そこまでのコアなファンでなくとも、銀魂という作品の概要を知っている人ならぜひ行ったほうがいいよと薦めたい。
ということで、なんだか舞台挨拶がポチポチと決まったようで、石田彰さん登壇回を応募してみました。もし当たったらまた見てこようと思います。




チーズ蒸しパンになりたい

2012年04月07日 02:43

今年のエイプリルフールネタあれこれをまとめようと思いましたが、ボリュームが大きいのでそれはまた次回にでも…
一昨年(2010年)のエイプリルフールネタを見ていたら、劇場版銀魂のサイトもネタをやっていたことを思い出しました。

アニメ銀魂\(^o^)/オワタ


2012年3月でアニメの銀魂2期が終わりました。
世間で言われているように、やっぱりまたアニメが原作に追いついてしまったのか…放送期間1年で終了。
わたしはコミックスは全部読んでいて、アニメはこの2期から見ていましたが、
原作は原作で面白いし、アニメは色んなネタを仕込んでいるので、両方消化すると二度楽しめるんだなと思います。
最終回のEDでは1年間のダイジェスト版が流れて、わたしのようなニワカ銀魂ファンでさえしみじみとちょっと感慨深かった。

2期の走馬灯あれこれ


第1話のヅラ子がかわいかったり、
バカイザー沖田の目の据わりっぷりが面白かったり、
あんぱん回は本当に楽しみにしていたり、
ラブプラス回はよく放送できたなとか、
メール回は3大神楽ちゃんかわいい回のひとつだとか、
一番笑ったのは葬式回だったり、
ガンダム回はサンライズ+石田彰で私得以上だったり、
レンホウさん騒動もあったり、
遭難回は本当に下品だったり(というか将軍が出てくるとたちまち下品)、
銀マダ回も私得だとか、
ホスト回は「レッツパーリィ」に全て持っていかれたりとか…

いろんなエピソードがあったなーしみじみ。
ちなみに『3大神楽ちゃんかわいい回』は、ラジオ体操の話、傘の話、そしてメール回のことを指します。


色々と問題児な作品だとは思うけれど、ファンは多いし、関連商品はとても売れているし(というか銀魂は売れすぎだと思う)、
客観的に見て今後もまだまだしばらく売れるコンテンツだと思うので、ストックさえ溜まればまたアニメも放送できるはず…

そのまえに、動乱編の劇場版はいつ公開なんでしょう?


『銀魂高校文化祭2011秋』行ってきたよ最終回[アトラクション編とか]

2011年11月15日 21:52

引き続き『銀魂高校文化祭2011秋』のレポ、ラストです。

今回はアトラクション編とか、です。
長いので折りたたみます。

『銀魂高校文化祭2011秋』行ってきたよ[吉原炎上編&四天王編とか]

2011年11月06日 01:18

引き続き『銀魂高校文化祭2011秋』のレポです。

今回は吉原炎上編&四天王編とか、です。
長いので折りたたみます。




最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。