catalog image

神学校 THE GIFT感想

ずいぶん前ですがFD『神学校THE GIFT』プレイしました。記憶もちょっと薄まっているなか、プレイメモを見つけたのでいまさらながらまとめてみました。『セント・バレンタインの贈り物』(ニール×マイケル)『バレンタインカードに差出人を書いたらいけない』というのはイギリスの風習なのだろうか。ニールの仕込みと演出がいちいちロマンチックでニールらしい。ここぞとばかりにかわいいことを言うマイケルに悶えるニールにニヤニ...

[BL]神学校THE GIFT 感想その1

神学校 The Gift(2012/02/10)Windows商品詳細を見るいよいよ始めました。そういえばファンディスクというものをプレイするのは初めて。ファンディスク自体はいくつか持っているけれど積んでいるだけという状態。ということでファンディスクというものにどんなテンションで挑めばいいのかわからないまま起動すると、どうやらすごろくというものをやってお話を進めていきながらポイントを貯めるらしい。その貯めたポイントでゲーム上...

catalog image

神学校コミカライズ発売記念サイン会に行ってきた

神学校コミックス上下巻発売記念「なつみ開先生サイン会」兼 複製原画展に行ってきました。なつみ先生のツイートによると、参加者数は先着予約組50名+抽選組50名=合計100名だった模様。わたしはサイン会の開催が告知された当日予約に飛んでいったので幸いにも先着組。会場となっているステラワース店内は神学校のサントラが流れ、複製原画が展示され、神学校一色に。普段のステラワースに比べると雰囲気が違う感じ。複製原画コミ...

[BL]神学校プレイ感想メモ その4 - オーガストルート

レオニード、ニール、セシル3人のGOODを終えないと攻略できないオーガスト神父。胸くそな人なので、ここからどういうお話になるのか興味深々でありました。オーガストの事情が判明したりでマイケルが情にほだされた挙句ふたりは愛に生きる…みたいな展開だったらついていけるだろうか…と思ったけれど実際は容赦なかった、とても鬼畜な展開。このゲームは相手によって主人公のデレかたがまったく違うところがおもしろいところ。レオ...

神学校プレイ感想メモ その3 - セシルルート

レオニード、ニールときたので今回はセシルです。セシルはマイケルに行為を持ちつつも親友として接している…というのが今までのレオニード、ニールのルートでガンガン感じていたのでそれをスルーしなければならないことに心が痛んでおりましたが、やっとセシルが報われるターンがやってきました。ちらほら出ていたセシルの謎が判明したわけですが、なんとなくテンプレ的なイメージをしていたらテンプレなんてとんでもない、重い話...

神学校プレイ感想メモ その3 - ニールルート

まだまだちびちびと消化しております神学校。とてもおもしろいのではやく進めたい、でも終わりたくない。そんな葛藤。前回感想を書いたとおり鉄壁のレオニードが終わり、つぎはチャラついた不良ニールでいくことに。ニールはあまり得意なジャンルのキャラではなく、何かにつけて「家訓が家訓が」って言うのがちょっとクドかったな…。でもニールがあんなに年上だとは思わなかったので、彼なりの葛藤を垣間見ることができたり、かわ...

BAD追記:神学校プレイ感想メモ その2 - レオニードルート

初攻略です。レオニードのグッドエンドが終わりました。ストーリー相当なボリュームでした。測っていないけれどレオニードのグッドエンドルートひとつで数時間、少なくとも7時間はかかった気がします。そのボリュームも気にならないほどにお話の作りが緻密で、BGMも豊かで、スチルも多いし、攻略対象以外のキャラクターも個性的でした。ルシフェルの正体は全然予想できませんでした…まさかあの人だったなんて。レオニードじゃなく...

catalog image

神学校プレイ感想メモ その1

ちびちびと消化しております神学校。どうやら相当なボリュームなようです。悪魔崇拝の儀式は3回ほどやりました。今のところトータルで数時間プレイしているけれど、いまだにチッスのひとつもないどころかラブ的な心理描写もほとんど無い。けれどもプラトニックな関係がじわりじわりとありまして、もどかしさでいっぱい。ストーリーも謎解き的な内容で展開が読めず、純粋にどうなるのか気になって仕方がありません。要するに楽しい...

catalog image

神学校プレイはじめました+BLG情報あれこれ

神学校PIL/SLASHから出た神学校というBLゲームを始めてみました。と言うもののほんとに始めたばかりです。その名の通り全寮制の学校もので暗めなイメージが良さそうだなーと買ってみたのがずいぶん前のこと。まだまだやっと手を付け始めたというところです。おもしろいのは、イントロダクション部分で『クリスマスに主人公が家に帰ると、家が燃えており家族(父、母、妹)が殺されている、壁にヘビと十字架のモチーフが落書きされて...