スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルリとエレリが紛らわしすぎてつらい

2013年09月18日 21:08

昨日、進撃のネタバレで気になるものがありました。
【ネタバレ注意】進撃の巨人のリヴァイ兵長が調査兵団に入った理由が明らかに


いまだに原作を読んでいないのでネタバレは見ないようにしているのですが、わたしは、あのリヴァイが、あのエルヴィンの下にいるという事実と、そこに至る経緯がむしょうに気になってしかたがない。
「あの二人のあいだにはきっといろんなアレコレがあった上であの関係になったに違いない」と信じて疑わないわたしは、このネタバレは完全にピンポイントじゃないかと思い、今まで守ってきたネタバレの壁を壊すか壊さまいか悩みつつ、結局えいやー!と見てしまった。


ということで知りたくないよ!という方はここでブラウザを閉じてくださいね…。


あ、そのまえに、どうでもいいことに気付きました。
この間までわたしは純粋に見ていて、この作品のアニメを最大限たのしむために原作を読まないという選択をしていたのです、この間まで。
しかし、もし初めから腐った目でみていた場合「いろいろ解釈する余地をなんとか見出したい」という欲求から、はじめから原作も消化していたのではないかということ…。

わたしは自分に負けたのです。
腐欲求に勝てなかった。


そして記事を見たら、『りばいさんは、えるびんをコロコロするために調査兵団に入った』って書いてあった。

なにそれ。
なにそれなにそれ。
これ、完全にわたしの脳内のエルリなんですが。
どうしたらいいのでしょう。困った。
これは今日発売されたBD3巻の映像特典であるビジュアルノベル「悔いなき選択[予告](リヴァイ&エルヴィン過去編)」の内容らしい。


わたしの脳内のエルリは、とてもただれていて病んでいて、お互いがお互いをかわいいあまりに憎いような、憎いあまりにかわいいような、コロコロされても構わないというか、コロコロしたいのならすればいい的なアレ。
これが公式で読めると…?しかしこんなに素晴らしい材料なのに、味わう準備が足りなさすぎて受け止めきれない。

あまりの燃料に動揺して、
「BD3巻を買うべきなんじゃないか?」
「BDを買うなら全巻マラソンするべきじゃないか?」
「じゃあ2巻のイベント応募券でイベント応募したいかも」
「イベント応募の締切ってもう過ぎてるんじゃ…?」
といろいろ調べてアレコレして、さっき冷静になりました。



ごちそうには慣れていないんです。昨日から具合が悪いです。




進撃の巨人 3 [初回特典:Blu-ray Disc ビジュアルノベル「ミカサ外伝」他(制作協力:ニトロプラス、プロダクション・I.G)]進撃の巨人 3 [初回特典:Blu-ray Disc ビジュアルノベル「ミカサ外伝」他(制作協力:ニトロプラス、プロダクション・I.G)]
(2013/09/18)
梶裕貴、石川由依 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

壁外調査博に行ってきた

2013年09月07日 02:10

先月末、お友達の手伝いで進撃のオンリーに行ってきました。

進撃は相変わらずリアタイで見るほどにはハマっていて、以前「進撃の巨人にハマった」と言っていた頃「腐った見方をしていない」と言っていたのに、言っていたのに、今ではちょっと腐ってしまった。腐らないだなんて到底無理な話だったのである。


やはり納豆は大豆には戻れなかった。



どのキャラも個性的で魅力的。みんなが兵長兵長と言う気持ちもぼちぼちわかってきた。
自分の中のCPは特にこだわりがないので、pixivを徘徊しながらリヴァエレもエレリもエルリもイケるわフムフム、と思いながらも、わたしは特にジャンがかわいいのでここはエレジャンだろうかと思ってみたり。


正直ガチハマリしてもいろいろとしんどいので、「一刻も早くこのCPの同人誌を読まないと死ぬ!」というレベルじゃない限りは手を出すのはやめようと決めているのです。


そんな中わたしはオンリーに参加。サークルチケットが凝っていてちょっと高まる。
壁外調査博


開会のアナウンスも非常に凝っていて楽しかった。
「何の成果も得られなかった、ということのないように!」とか
「壁の中に入ってくる者の中には、人間の姿をした奇行種が潜んでいる可能性がある!」とか。
オンリーの醍醐味である。細部までこだわる演出、きらいじゃない。


今回はほんとうに売り子としてお手伝いをする予定だったので雰囲気を楽しみつつ過ごしていたら、友達が戦利品を読ませてくれた。
戦利品のほとんどがエレリだったなか、ひとつエルリ前提のエレリがあって、そのエルリ前提という設定が、「そっか兵長はエルヴィンと…そっか、そうだよな、分かるわ」と、スッと、ものすごく自然に自分の中で消化できて、そのあまりの自然な消化に自分でおどろき。
そもそもあの兵長が、あの団長の下にいるという事実と、そこに至る経緯というものに潜むいろいろな可能性に気付いてしまった。原作でもそのあたりはいまだ描かれていないらしい。妄想し放題じゃないか。おもいきり泥臭くてただれたやつとかいいと思います。読みたいです。


というわけで、わたしの定位置なCPはエレリなのかもしれません。ああでも薄い本の購入はちょっと休憩したいです。


ああ、おなかすいた。



ラバーストラップコレクション 進撃の巨人 (キャラクターストラップ) BOXラバーストラップコレクション 進撃の巨人 (キャラクターストラップ) BOX
(2013/12/31)
壽屋

商品詳細を見る


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。