スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネタバレ】コードギアス亡国のアキト第三章 プレミア先行上映イベントに行ってきた

2015年04月27日 22:26

奇跡的に先行上映イベントのチケットが取れたので行ってきました。

ひとこと言うと…おもしろかった!

…おもしろかったけど、コードギアスって、もっとおもしろい作品のはずだよね?とあとになってぼんやり思いました。


それはそうと、ジュリアス全然活躍できてなくてかわいそうwww


そのほかいろいろ感想があるので気が向いたらここに追記していこうかな。



プレミア先行上映イベントの来場者特典は複製原画セット。

最近PCあんまり触っておらずこれもスマホで撮影してスマホで加工しております。ズボラでだめですねぇ。













複製原画すんごくうれしい…すんごくうれしい…すんごくうれしい!!!
ジュリアス様の原画をスキャンしてスマホのホーム画面にしたい。PCの壁紙にしたい。

ありがとうサンライズ様。ありがとうキムタカ様。
スポンサーサイト

コードギアス亡国のアキト第2章 感想(※がっつりネタバレ)

2013年09月16日 23:32

コードギアス亡国のアキト第2章



初日と翌日の計2回、見てきました。キャラなどそれぞれのポイントでつらつらと書いてみます。
以下、完全なるネタバレですのでご注意ください。



ナイトメアフレーム


戦闘シーンは何度見ても胸熱。すばらしいクオリティでKMFの機敏な動きがまるで虫のよう。
アシュラ隊のマントつきKMFをみて「マントてwww」と思ったけれど、アシュレイのKMFはさらにゴッテゴテのいやらしさに笑って、そしたらシンお兄さんはアシュレイ機を飛び越えるほどのゴテゴテ成金KMFだった。なにこの三段活用。
この胸焼けするようなデザイン、さすがギアス(褒めています)。

アキトとシン


「きっと兄弟なんだろうな」とは思っていたけれどやっぱり兄弟だった、ですよね。
判明していることはふたりが兄弟であること、幼少期にお兄さんがアキトに「死ね」と言いながら何かのギアスをかけたことくらいかな。

シンはこの作品の中でいちばんルルーシュ臭がするキャラだと思っているので注目していますが、シンに関する謎はまだまだ明らかになっていないことの方が多い。

  • なぜアキトにギアスをかけたのか。

  • シンのギアスはどういうギアスなのか。

  • アキトはシンのギアスの影響で毎回暴走しているようだけど、あれはいったいなんなのか。

  • 義理の妹 兼 許嫁であるマリア・シャイングに「今度の休みは必ず一緒に過ごしましょう」的なことを言ったあと、ルルーシュのボロ雑巾ばりに悪い顔をした理由。

  • ジャン・ロウの性別。(とても気になる)


いまのところいちばん腹にいちもつを抱えているのがシンなのでは…と思っていますが、今後シュナイゼル的なラスボスになるのか、それとも小物化するのか気になるところ。

この兄弟について腐った見方をすると、お互いがお互いを殺そうとしているほどに病んでいる兄弟ってすてき、ということ。もっと憎み合ってほしい。
アキトのシンに対する呼び方が「兄さん」だったポイントも最高でした。兄貴とかお兄ちゃんとかおにいとか、いろいろある呼び方の中で、わたしは「兄さん」呼びがいちばん好き。

リョウ、ユキヤ、アヤノ


アキトとシンクロしたせいで脳内映像?が流れてきた結果ちょっと距離が縮まったぽくてよかった。これでEU軍の主戦力4人の仲間意識が強まるといいな。
ちなみにアキトでの女性キャラのなかではアヤノがすき。

ユキヤ


「今回ユキヤの手袋のひみつがわかるよ!」とのことで楽しみにしていました。
…病んでた。超病んでた。あの人、デフォルトが病みすぎ。爆弾を作るのが得意みたいだけど、あの人自身も爆弾のような人だった。1章で自爆未遂、今回もアキトと死のうとしたりで、簡単に死のうとするあたり怖いものなしで清々しいほどの危うさがいいスパイスだと思うので、なるべく長く生きてほしい。

それと、口を使って手袋を脱ぐセクシイなシーンと、ネコを見つけた時のかわいい表情はとくにすばらしい瞬間だった。あそこを切り取って手元に置いておきたい。BD買うしかない。ユキヤかわいいよユキヤ。

アシュレイ


予想以上にめんどくさい人だった。振り回される部下が不憫すぎる。
でも部下たちがアシュレイに厚い信頼を寄せているのを見て、無印かR2で似たような関係の人たちがいたのを思い出した。ダールトン将軍が孤児を引き取って育てたグラストンナイツ。
中の人的にアシュラ隊のシモン(髪が長い人)に注目していたのだけど、二言くらいしかしゃべらなかったな…。
パンフに載っていたキムタカさんインタビューによると、アシュラ隊の個性豊かなビジュアルは、出番が少ないだろうこと、イケメンのインフレ化を防ぐためだとのこと。あの中でいちばん出番のあったヨハネはかわいかったけれどアシュレイを庇って死んでしまったな…。

好戦的な性格がガンダム00のアリーアル・サーシェスを彷彿とさせるなと思ったけれど、アリーよりも全然かませ犬でした。結果的に、アシュレイ登場→シン登場でアシュレイがかませ犬に→ジュリアス登場でシンが霞むという、見ている側はドキドキしっぱなしな流れだった。

ジュリアス・キングスレイ


ル…ジュリアス・キングスレイ(笑)。ブリタニアから来た軍師(笑)。


どちらさまですか?




列車の中で「み、水…」と死にそうな声が聞こえた瞬間「!?!?!?」となり、顔が見えた瞬間のわたしの脳内は、
・ル…!ル!!!!ルーーー!!!!!!
・どうしたの なんでいるの なんで死にそうなの
・アイパッチかっこよすぎワロタ


列車の中で死にそうだったのに17時間後?に到着したらいきなりドヤ顔で調子づいていて笑った。
6年ぶりくらいですか?
どうしようどうしようマジでルルーシュだった。
あの偉そうな態度、あのドヤ顔、自信過剰な言動、溢れ出る厨二臭。

すべてが完全にルルーシュだった。


しかしその名前はなんだ…。ジュリアス・キングスレイ。King Slave(王の奴隷)という意味なのではないか説を聞いて、さすがシャルル皇帝、そしてその意味を知ってか知らずかドヤ顔で名乗るジュリアス様。
このアホっぷりは確かにルルーシュ。ああどうしよう。かわいい。かわいすぎてつらい。これからどうやって生きていけばいいんです?

動揺、そして歓喜


TVシリーズ終了後、コードギアスというコンテンツを息の長いものにするべく、ルルーシュ要らずとも盛り上げるために『亡国のアキト』はじめいろいろな派生をつくっているのだとわたしは解釈していて、だからルルーシュを出してはいけないような印象を受けていて、でもやっぱりギアスのファンへの飴要素も必要だと判断したギリギリのラインがスザクの登場だと勝手に思っていたので、まさかまさかルルーシュをこんなガッツリと話に入ってくるようなポジションで持ってくるとは思わなかったのです。
ルルーシュが登場するとしても回想レベルだと思っていたのに…うれしいんだけどいいんでしょうか、コードギアスは結局ルルーシュありきでいいんでしょうか。

冷静に考えたらこの作品の中で病んでいない人はレイラくらいじゃないかと思ったわけですが、それほど病んでいるキャラが多くて兄弟のつながりもあったり、やっぱりギアスはホームグラウンドだなと実感した次第です。


さて、これからの展開的に、レイラが指揮を執るEU軍VSジュリアスが指揮を執るブリタニア軍という対決になるのだろうと予想しますが…早く3章がみたい。来年春ということなので、次回も結果的に夏になるのかな…。そして4章はさらに翌年になるはず。



生きねば。




コードギアス 亡国のアキト 第1章 (初回限定版) [Blu-ray]コードギアス 亡国のアキト 第1章 (初回限定版) [Blu-ray]
(2013/01/29)
入野自由、坂本真綾 他

商品詳細を見る

明治大学 コードギアス亡国のアキト原画展に行ってきた

2012年11月04日 23:00

明治大学の学園祭『明大祭』で、コードギアス亡国のアキト原画展を開催するという情報をtwitterで見つけました。

コードギアス亡国のアキト原画展に関するツイート







明治大学准教授(意匠論・現代日本文化)の森川嘉一郎さんというマンガやアニメ文化などを専門にしている方がいらっしゃって、その方のゼミ(森川ゼミ)の学生さんが企画したものだそう。アキバブログさんが森川さんのツイートをRTしたりで話題が広まったようです。わたしは森川さんという方を知らなかったのですが、有名な方なんですね。

ということで行ってきました。


展示物はすべて撮影禁止だったので表のポスターなどを撮影してきました。画像はすべてクリックで拡大します。

入り口でもらえるパンフレットを見ると、企画名称は『アニメ映像ができるまで:製作資料展』とのこと。
コードギアス亡国のアキト原画展in明治大学 パンフレット


明治大学のメディア棟
ガラス張りの中でラジオの放送をしていてとても賑やか。
明大祭2012


原画展をやっているM605教室。紙を張り合わせた簡易ポスターがデカい。
コードギアス亡国のアキト原画展in明治大学1

コードギアス亡国のアキト原画展in明治大学2


アキトのポスターとチラシ。
このポスターは反逆のルルーシュオールナイト上映会の特典だったやつと同じかな?
コードギアス亡国のアキト原画展in明治大学:ポスター


『展示会を開催するにあたって』、アキト概要、コードギアス概要の説明など。
コードギアス亡国のアキト原画展in明治大学:展示会を開催するにあたって

展示物


展示物は200枚ほど、とても多かったです。中にはアキトの前売り特典設定資料集のものも大きく展示されていました。以前ufotable cafeでギアスの原画展示がありましたが、あちらは20枚くらいだったような気がする。1枚1枚に説明とコメント(コメントは学生さんかな)があってとても丁寧な展示。

『アニメができるまで』というコンセプトなので作業工程についても詳しい説明書きがあったり、ムービーを流していたりでよくある原画展とは一味ちがった感じ。
アニメは[絵コンテ→レイアウト→原画→動画]という工程で作られていくそうです。
絵コンテは4コママンガみたいなアレ。左側にかんたんな絵がかいてあって、右側に時間とかセリフとか書いてあるやつ。劇場版ガンダム00豪華版特典はフルの絵コンテで、人によって丁寧さが全然違うなと感じた思い出。
レイアウトはざっくりめの絵。
原画はレイアウトのしっかりした版、線の濃さがまちまちだったり、ちょっとラフ。
動画は原画の線がもっとしっかりキッチリしていて、色鉛筆で塗り指定などを加えた版。
…だとかそんな感じの説明がありました。

こうしてみると、わたしはふんわりとしか知らなかったんだなー。私は、絵コンテをもとに原画さんがキーの絵を描いて、それをもとに動画さんが中割りを描いているんだと思っていました。普段わたしたちが目にする原画は線がキッチリしているからどちらかというと動画工程の部分の原画を見ているのかなーと思ってみたり。そして本当にたくさんの工程があって、アニメーターさんはたくさんの絵を紙とエンピツで描いているんだなーと思いました。


展示会は大盛況


森川さんが企画についてのいろいろをツイートされていました。





製作側ではない視点ならではの解説が新鮮で、とても見ごたえのある展示でした。入場料払ってもいいくらいなのにな。学生さんおつかれさまでした。

アキト第二章は2013年の春ですね、たのしみです。



コードギアス 亡国のアキト 第1章 (初回限定版) [Blu-ray]コードギアス 亡国のアキト 第1章 (初回限定版) [Blu-ray]
(2013/01/29)
入野自由、坂本真綾 他

商品詳細を見る


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。