スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背徳のマリア/綺月陣 感想

2013年05月12日 12:43

とにかく病みBLを読みたい、という欲求からがんばって発掘しているシリーズ。
今回は主にamazonのリストマニアとレビューで気になったものから、『背徳のマリア(上下巻)』


背徳のマリア (上) (ガッシュ文庫)背徳のマリア (下) (ガッシュ文庫)


以前ちらっとさわり部分に触れています。ネタバレになるかも…?→こちら

ネタバレなしにざっくり書くと…というかどこからネタバレなのか人によってさまざまな気がするのでかなりふんわり表現すると、
相当重い。
これはBL…というくくりに入るのか?と思うようなジャンル。ものすごい執念でひとりの男性にすがる人の話。
脇カプの兄弟は出番が多めで、このカプも相当病んでいるので病み兄弟好きな人はたまらないはず。
けれどメインカプがとにかく重くて、痛い描写が相当多くても大丈夫な人向け。そのぶん病み成分はじゅうぶん。
人によっては、しばらくあとを引きずるレベルなので要注意です、たぶん。


以下ネタバレです。


すさまじい執念に恐怖するBL


最初、主人公が完全に性転換した状態で始まったので戸惑ってしまった。延々と続くNLの生々しい表現…これはBL…というくくりに入るのか?と疑問符が浮かびながら読み進めたわけです。


ざっとあらすじを説明すると…
めちゃくちゃ好きな親友に「別荘買おうぜ、将来お互いの家族を連れてこの別荘に遊びにこれたらステキやん?」を真に受け女性とケコンし、
「おまえが女だったらケコンしてたよー」を真に受け自分を死んだことにして性転換し親友のもとに現れ、
親友はすべてを受け入れて一緒になってくれたけど、今度は子供がほしいあまり自分で自分の腹を切って卵子を埋め込むも途中で失神し、最終的に半身不随+言語障害が残って車椅子END

途中に出てくる脇カプ兄弟は、特に医者の兄がヤンデレ。
兄は、弟の手術を執刀するどさくさに紛れて自分と弟から作った受精卵的なものを体内へ。術後、弟は何も知らないまま入院生活を送るけれど、次第に自分の身体の変化に気付き、腹の中で動く何かに恐怖し自分の腹を…。弟は一命を取り留めるが、兄は精神崩壊。


重い。めちゃくちゃ重い。


たぶん、真正面からいけばいちばん簡単だったのに、ものすごく回り道をしたうえ、道中崖から落ちて重症を負いボロボロになってしまった、というシンプルなおはなし。だけどその回り道の仕方と、重症具合が尋常じゃなかった。

たびたびグロかったり痛かったりする描写があるけれど、クライマックスでもあるセルフ手術のくだりがいちばん痛い描写でした。自分で自分の腹を裂くほどのすさまじい執念に恐怖しながらもすばらしい病みっぷり、業が深い話です。

わたしは執着系が好きなのですが、ここまでのレベルは初めてでした。読んでいる最中は、いったいどこまで堕ちるのか、どう収拾をつけて終わるのかがまったく読めず、非常にワクワクして読めました。

こうも読者を選ぶ作品が、きちんと世に出て、それを読むことができるのはすばらしい。としみじみする作品です。


背徳のマリア (上) (ガッシュ文庫)背徳のマリア (上) (ガッシュ文庫)
(2011/05/28)
綺月 陣

商品詳細を見る

背徳のマリア (下) (ガッシュ文庫)背徳のマリア (下) (ガッシュ文庫)
(2011/06/28)
綺月 陣

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Googleリーダーの後継はfeedlyが超おすすめ

2013年05月11日 23:17

Googleリーダー終了で阿鼻叫喚


ニュースサイトや2chまとめなど消化するために活用しているGoogle Readerが、2013年7月でサービス終了してしまうらしい。

Google リーダー

Googleリーダーがなくなるなんて困ります。RSSリーダーといったらGoogleリーダーでしょ、というほど主流だったはずなのにどうして、なぜ。こういう類は直前になって「やっぱサービス終了するの延期するわ」ということもあるけれど、5月になってもその気配がない。それならば、こちらとしても替わりのサービスを本気で探さないといけない。

ということで探してみた。



わたしがnewRSSリーダーに求める条件はこれ。

  • やっぱ移行がかんたんじゃないと!

  • Googleリーダーと同じように登録フィードのカテゴリ分けができるやつがいい!

  • スマホからの閲覧がかんたんなやつがいい!

  • 面倒だからログインIDを持ちたくないよ!



国産のMyYahoo!とかLivedoor Readerとかいろいろ触ってみたけどイマイチ。そこで見つけたのが海外製のfeedly。

feedlyのスゴイところ



  • 超かんたん移行

  • かんたんUI、スタイリッシュ

  • chromeのエクステンションもある!

  • スマホアプリもある!(Android、iOS)しかもサクサク



PCではchromeのエクステンションを使って、スマホではアプリを使うと。これで完璧。
英語だけど、これくらいの英語だれにでも読めるレベルなので問題ない。

feedlyを使ってみる


連携はちょうかんたん。chromeエクステンションを入れてみます。

まず、http://www.feedly.comにアクセスして、Get Feedly for Chromeをぽちっと。


feedly_top

RSSをGoogleリーダーをから引っ越したい場合はConnect to Google Readerをぽちっと。


welcome to feedly

「アクセスしていいよ~」とぽちっと。


welcome to feedly2


これだけ。これでおわり。超かんたん。
エクスポートしてファイルをDLしてインポートして…という操作がない。超かんたん。

使いやすくカッコイイfeederのUI



左のメニューアイコンにフォーカスをあてるとメニューがサッと出てくる

feeder_All

welcome to feedly3

Organizeでカテゴリ(グループ)がメンテできたり、 Preferencesでいろんな設定ができる。
Saved For Laterとは、Googleリーダーの☆のこと。いままでGoogleリーダーでつけておいた☆がちゃんと反映されていた!感動。

RSSフィードの表示はなんと4種類から選べる。


デフォルトの表示はPreferencesで設定できるみたい。

feeder_view

タイトルだけ(Title Only View)


feedly_title_only_view

雑誌風(Magazine View)


feedly_magazine

カード風(Cards View)


feedly_cards_view

でっかく!(Full Atricle)


feedly_full_article



と、こんなかんじでかんたんに移行できるし使いやすくてすばらしい気がする。スマホのアプリも使いやすくてサクサク。ということで感動したので、

feedly広まれ!
関連記事

[BL]神学校THE GIFT 感想その1

2013年05月08日 00:11

神学校 The Gift神学校 The Gift
(2012/02/10)
Windows

商品詳細を見る


いよいよ始めました。そういえばファンディスクというものをプレイするのは初めて。ファンディスク自体はいくつか持っているけれど積んでいるだけという状態。

ということでファンディスクというものにどんなテンションで挑めばいいのかわからないまま起動すると、どうやらすごろくというものをやってお話を進めていきながらポイントを貯めるらしい。その貯めたポイントでゲーム上の本を購入できるそうで、なんとこの本というのは本編の店舗別特典のドラマCDがすべて収録されているとのこと。
どれも持っていないわたしにとってはたいへんありがたく、オクで買いそろえなくてよかった…と思いつつ、FDが出る前に揃えた人は非常にかわいそう…。


すごろくはどのルートも仲たがいをした状態でスタートして、コマを進めながら少しずつ仲直りしていくという内容らしい。
初めに選んだのはもちろん当然ガビィ。最初からガビィが選べるよろこびをかみしめつつ進めたら、ガビィがみんなと会話していてうわあああ泣ける。チュッチュ双子かわいい。なんだかんだで頑張ったらHAPPY ENDを迎えられたワーイと思ったらED後にガビィのささやきが…そのセリフと声がなんとかわいいことよ…なんと表現したらいいのかわからないほどのかわいさで死んだ。


ガビィルートをやりながら、「この天使の言動すべてがマイケルの妄想なんだ」と思うと何ともむなしかったり、マイケルのイマジネーション力のすごさや公式の容赦なさを改めて感じたり。

そしてたまったポイントで最初に購入したのはガブリエル+マイケルの本。どうやら特典CDにスチルがついているらしい。鼻息荒く再生したら、このガブリエルはガビィではなく、本編の最後に出てきたリアル双子の弟ガブリエルのほうだった……………。うん………………。


なんだか…この作品ってガビィ好きの人がいちばんつらい気がする。つらいながらもよろこびポイントを探しつつプレイしていますが、もう少し救われたい…。


その後のすごろくでは、気を持ち直してレオニードとニールでがんばりました。やっぱりレオとのやりとりがすっごく好き、もうたまらん。
はやく続きをプレイしたいけれど、まとまった時間がなかなかとれないので、また少しずつ進めていくことになりそうです。


関連記事

スパコミ行ってきた

2013年05月07日 00:38

スパコミ両日行ってまいりました。
今回はめでたく黒バス解禁だったので、ビッグサイトで黒バスは去年の夏コミ以来。
両日売り子しながらお買いものしたりお友達に会ったり。久しぶりに雑貨&アクセジャンルもプラプラできました。

同人用レジアプリに感動


さいきん売り子をしているときはスマホのレジアプリを補助的に使っているのですが、今回は同人用に特化したレジアプリを使ってみました。

同人用サークル電卓「どびん」
このアプリ、すばらしく使いやすくて感動。
このアプリの特徴は、実際の机上に置いた本と同じようにボタンをレイアウトできるので直感的な操作ができるところ。
経験者はわかると思いますが、複数買いする人はだいたい机上の本を指さして「コレとコレとコレください」と言う人が多いので、本のタイトルで識別してアプリのボタンをタップするよりも視覚的にタップしたほうが圧倒的に早いのです。

この手のアプリは定期的にチェックしていて、これを見つけた時から「ぜひイベントで使ってみよう」と思っていたわけですが、実際使ってみると想像していた以上にいい仕事ができるアプリでした。感動。
サークル主さんや売り子さんはぜひ使ってみてほしい。

お買いもの


お買いものは…なんだか最近同人誌欲が薄まってしまったので、作家買いで数冊買ったくらい。
スパコミといえば、ちょうど2年前のスパコミ会場でタイバニというものが流行っていることを知ったイベントでもあります。それからあまりの人気に見てみたら激ハマリして、以来同人誌を買い漁ってきたわけですがだいたいのうさとらは一通り読んだので気がすんできた感じ。

1日目は東にいたのですが、開場して1時間後にお買いもの行っていいよ~と言われたので恐る恐る西の黒バスに行ってみました。どれほどの地獄絵図なのだろう…と恐怖していた割にはけっこうマッタリ。壁やシャッターの一部で列がくっそ長いところがありながらも、心配していた割にはスムーズなところが多かったのでほっとした。
なんとなく気になっているCPのひとつが黒黄なわけですが、わたしの趣向に沿うような黒黄はたぶんないのでカワイイ黒黄を1冊買ってみたところ…それを読んだ友人に「百合百合しくて新鮮」と言われてしまった。

アフター


2日目のアフターはアニカラ大会をした後、個室のごはん屋さんでああだこうだと腐ったお話をしたり趣向の話をしたり同人のブームについて考察したりでなんだかとても盛り上がってしまった。
わたしは基本的に病んでいるものが好きなので、病み依存を追及した結果なら腹をパカッとしたりカニバったりでも構わないのだけど、それを友人に全力で否定されるなか、その場にひとり理解者が現れてわたしは救われました。
そのほかのエピソードとしては、サイコパスの最終回で宜野座が伊達メガネだったことが発覚した時の私の怒りっぷりがおかしかった件とか、神学校で最後の最後に頂こうと思っていた大好物がアレだった件などがおもしろエピソードとして話題に…。

いくつか病みBLをオススメしてもらったのでこちらにも貼っておきます。
次回の大きいイベントは夏コミ。いちばん苦手な夏コミ…暑さ対策を考えると気が滅入ってしまうけど楽しみ。



倒錯者Aの告白 (ガッシュ文庫)倒錯者Aの告白 (ガッシュ文庫)
(2007/09/28)
綺月 陣

商品詳細を見る

不実の永遠(とわ) (リンクスロマンス)不実の永遠(とわ) (リンクスロマンス)
(2007/01)
水戸 泉

商品詳細を見る

愛罪の代償 (白泉社花丸文庫BLACK)愛罪の代償 (白泉社花丸文庫BLACK)
(2010/05/20)
水戸 泉

商品詳細を見る
関連記事

GOOOOOLDEN WEEEEEEEK!!!

2013年05月01日 01:54

ことしのゴールデンウイークは長い人で10日間だそうですね。すばらしい。


GWの予定


わたしの予定はヌパコミに2日間行ったりアレソレしたりな予定ですが、余った時間でBLGを消化したい。さいきんは常にプライベートのような仕事のような依頼などなどがあるので、アレソレの優先順位を決めてみるとやっぱ趣味が削れてしまうという悲しい結果に。ブログもサボリ気味。
しかしちょっと落ち着いてきたし、またすぐアレソレが始まるので、今のうちに!BLGを消化したいという所存。

最近読んだ病みBL:背徳のマリア


さいきん燃料が不足している。今はとくべつブワーっとハマっている作品がなく、かといってHOMOが要らないのかというとそうでもない。あったらうれしい。
すなわちビイエルが欠乏しています。
とは言っても、2013年春アニメを全く消化していないのでこれからどうなるか分からないけれども…

とにかく思いっきり自分の趣味の方向のビイエルを開拓してみようかと思って2chamazonレビューamazonのリストマニアから病んでいるもの、兄弟もののBL小説をいくつか購入してみました。
その数、約10冊。
先日は『兄弟』というそのまんまなタイトルの作品を読んで感想を書いたわけですが(→兄弟&兄弟―夏/丸木文華 感想)、そのあと読んだ背徳のマリアという作品、これが病みに病んでいてとても面白かった。ので、感想は別エントリで書くつもり。

ちなみに、背徳のマリアを読み始めたときあまりの設定におどろいた私のツイートがこちら。



そして読み終わったあとのざっくり感想がこちら。



いつパズドラをやめるか


なんだかんだ言いつつちょいちょいやっているパズドラ。無課金です。
パズドラの何がいちばん楽しいと感じているのかを考えると、材料がそろってエイヤー!と進化合成するとき、わたしはヤッター!となる。
そのために材料をレベルMAXにするためにこつこつと合成するところが面倒。それで資金不足になるところはもっと苦痛。ああ面倒。

「終わりがないゲームでもいつかやめるときが来るのだから、今やめてもいいのではないか」
と思いながら、空いた時間に触ってしまうのであった…。



背徳のマリア (上) (ガッシュ文庫)背徳のマリア (上) (ガッシュ文庫)
(2011/05/28)
綺月 陣

商品詳細を見る

背徳のマリア (下) (ガッシュ文庫)背徳のマリア (下) (ガッシュ文庫)
(2011/06/28)
綺月 陣

商品詳細を見る
関連記事


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。