「少年よ耽美を描け」が面白い件

書くことを忘れていた!
久々にリアルで笑える、面白いマンガを見つけました。ので、紹介&感想をば。

少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS というマンガです。

少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS (1) (UN POCO COMICS)少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS (1) (UN POCO COMICS)少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS (2) (UNPOCO COMICS)少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS (2) (UNPOCO COMICS)


一見「あ、BLマンガですね、わかります」と言わんばかりのタイトル&表紙ですが、
BLを"ネタにした"ギャグです。
裏表紙の4コマを見て面白そうだったのですが、
買おうか→やっぱやめとこう、を2回くらい繰り返し、結局購入しました。

登場人物が全員バカで笑えますw
特に主人公が本当にバカですw残念なイケメンです。
そして主人公に振り回される人たちもバカです。
もう本当にバカでバカで・・・!買ってよかったと本当に思いましたwww

主な登場人物
新葉芹(主人公):すごくイケメンな高校生。天然でバカ。絵がド下手。
嶺良秀一:主人公の幼なじみで同級生。写実的な絵を描く。メガネで生徒会長。生真面目なバカ。
潮迅太郎:同級生。絵がやたらウマいバンドマン。主人公の次に天然なバカ。
小清水詩信:下級生。ツチノコ。何故か白ラン着用。受け受けしい。腐女子な姉の影響で腐男子&背景がやたらウマい。
小清水詩織:小清水詩信の姉。凶暴な腐女子(重症)。主人公たち4人組に色々スパルタ教育をする。


概要はこんなかんじ
新葉芹(主人公)が彼女に突然振られる。

彼女「BLマンガにハマったから、あなたに会う時間をBLに費やしたい」

この俺が振られるとは!てかBL漫画ってなんだ?そんなに魅力的なのか?

BL把握&カルチャーショック

彼女を見返すためにBLを極めるZE!(←ここがおかしい)

BLを極めすぎて変な方向に


あくまでもみんなノンケなのに、BLに萌えるわけでもないのに、
BLに執着し、素人なりの視点でBLを理解していく過程が面白いです。
理解の仕方がバカなときが多いですがw
そしてどのキャラもボケであり、ツッコミであるところがテンポよい。
ボケているときも至ってマジメで、故意のボケではないのです。
たとえば生徒会室にて
新葉「放課後ここ(生徒会室)にカギがかかってたら、積極的に覗きに行くので覚悟するように!」
嶺良「新葉、ここは現実の生徒会室だ」

それにしてもこの新葉、ノリノリである。


まだ2巻までしか出ていないので(2009年3月時点)、手を出すなら今のうちですよ!
となりの801ちゃんを面白い、と思う人なら100%面白いと思うはず。
おすすめです。
あ、私のような女子が出てきます。1巻104ページに。

となりの801ちゃん (Next comics)となりの801ちゃん (Next comics)
(2006/12/14)
小島 アジコ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ | Genre: アニメ・コミック

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback