スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠の王コミックス11巻感想

2009年06月28日 03:16


読みました!
感想はこの記事に後日UPします。

最近「Gファンタジー」、「隠の王」、「感想」
というキーワードでググっていらっしゃる方が多いのですが、
現在はGファンタジーを購読していないのです、
申し訳ない気持ちでいっぱいですorz

隠の王アニメ放送も終了し、Gファンの付録はナバリでは無くなったことだし、
あまりGファンで読んでいる連載も無いので、単行本派に移行しました。

でも、最近あまりに隠の王関連で来られる方が多いので、
まさか本誌が衝撃展開なのではないかとガクブルしている。
どうなんですかどうなんですか!?でもネタバレは見たくないので、
12巻を待ちますー。


感想書きました↓

本屋さん2軒回ったのに無かったYO!
1日遅れでやっと手に入れた隠の王11巻。


 復習
10巻発売からだいぶ時間が経っているのでこれまでの流れを思い出してみると、

壬晴が森羅万象を使う

宵風消える

みんなの宵風に関する記憶も消える

みんななんだか違和感&雪見が黒猫を拾い、宵風と命名


みたいなかんじでした。


 感想的な。
とりあえず雷光&俄雨が元気で安心したり、
雲平先生は壬晴にまだ何も言っていなくて、
右手を失った雪見は壬晴にライターの助手(カメラマン)を任せてみたり、
服部さんは灰狼衆を捨てて政治活動を本格化したり、
服部さんに代わる「イナサ様」という正体不明の人が出てきたり、
「イナサ様」は傘にしじまと虹一を守るよう命じたり(イミフ)

そんなところが今回のポイントでしょうか。
宵風が消えた事に関して、雪見が壬晴以上にダメージを受けているっぽくて、
雪見は割としっかり者だから、と思っていたのでせつなかったなー
黒猫の宵風と、雪見&壬晴のモヤモヤがかなりフィーチャーされているので、
もしかして、気羅使いだったほうの宵風が、
何かしらの手段で復活すんのではないかとか思ってみた。
お話として、少なくとも二人の記憶が戻る展開ではあると思いますけど。。。



 描き下ろし4コマ
・ゆきみのツンデレ具合がカワイイ。ネコ好きな人に悪い人はいない。
・雷光&俄雨は分刀時代、同棲していると思っていた!ちがうのか。
 でも俄雨が奥さん状態なことには変わりないのですね。やっぱいいなあ・・・分刀コンビ。
 カラー扉裏の、雷光&雷鳴&俄雨の幼いバージョンがすっごくかわいくて2センチくらい浮きました。
 俄雨、、、ランドセルて!ランドセルて!
・壬晴の「きゅーん」がすっごい。


本当に次巻が待ち遠しいのですが12巻は冬発売なんですね。
月刊誌、恐ろしい子・・・!



隠の王 11 (Gファンタジーコミックス)隠の王 11 (Gファンタジーコミックス)
(2009/06/27)
鎌谷 悠希

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ruicosweets.blog116.fc2.com/tb.php/303-53595872
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。