スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THIS IS IT\(^o^)/オワタ…?

2010年01月27日 23:39


THIS IS IT


マイケル・ジャクソン THIS IS IT(特製ブックレット付き) [Blu-ray]
アッー!
終わっちゃった…のか…な?
すごくいい!って聞いていたけれど
特別アクションを起こさなかったな…。
DVDかBDを借りよう。


好んで聴く音楽が非常に狭いわたしですが、
よどみのない、スコーンとしたハイトーンボイスが好きなので
マイケルジャクソンは唯一聴いていた洋楽アーティストでした。
CDは1枚も持っていないけれど、
子供の頃レンタル屋さんでアルバムを借りてダビングし、よく聞いていました。
これぞマイケルです!なパキパキっとした曲もいいと思うけれど、
わたしはHeal the Worldという曲が一番好きです。




しかし、
惜しまれブームとでも言いますか
亡くなってから過去の作品がバカ売れする現象は何なのだろうか。
死んだからプレミア感が付く、という流れが気に入らない。
「昨日今日存在を知りました」な子供はさておき、
「いや前から好きだったんだけどさ」と言いながらCDを買うのって。
じゃあリリースされた時に買っておけよと。

たとえば自分がずっと好きだったアーティストが亡くなってから、
今まで見向きもしなかった人が「超いいよねー!」とか騒ぎ出したら、
きっと(#^ω^)ビキビキってなる。
メディアに踊らされている感も、節操がなさそうで共感しかねるんだきっと。


生きていようが死んでいようが、良いものは良いのだ。
自分の目で見ようぜ。


と、ブーム?が落ち着いてきたのでつぶやいてみました。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ruicosweets.blog116.fc2.com/tb.php/389-4be28106
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。