スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版・涼宮ハルヒの消失感想

2010年02月12日 01:02

ネタバレは下のほうに折りたたんでいます。

ちなみに原作読んでいないライトなファンなので、
解釈が甘いと思います、ぬるい目で見てください。

とりあえず予告を貼ります。

「涼宮ハルヒの消失」劇場版予告編






とりあえずまだ消失を見ていない人へ


長門好きは絶対見るべき!
・原作を読んでいないアニメ派でも全然楽しめる
・むしろ消失を知らない自分にとってはドキドキ感があり面白かった
・アニメのみ派の人は、アニメ1期+笹の葉ラプソディの視聴必須
特に笹の葉ラプソディは超必須
・約3時間の長編だけどあっという間だった
・原作読んでいる派も絶賛、原作に忠実みたい。
・京アニの本気こわい。
・パンフ表紙は原作絵の、のいぢ長門


ネタバレ感想

前半箇条書き、後半ダラダラです

■箇条書き感想
・いつも無表情に近い長門が、消失の予告で怯えたり焦ったりしていたので、
 「長門どうしちゃったんだ…?」と思っていましたがそういうことか!
・笹の葉とのリンク具合がすごい。そういうことか!
・古泉の学ラン!短パン!ハァハァ
・やっぱりハルヒはハルヒだ
・カフェ外の風景は京アニの近所で見たような雰囲気
・朝倉さんのヤンデレ具合にヌオオーとなった
・朝倉さんが『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』の方で長門と同棲している事を思い出した。


■キョンのこと
今までキョンはハチャメチャ学園生活にブツクサ言いながらもちゃんと楽しんでいて、
でもそれはクチに出さないという感じなのが良いと思っていたけれど、
そんな自分を責めるんだ…とビックリ
今後キョンは楽しさを前面に出して、ハルヒ相手に素直になるのか?うそだ…w


■長門が変わった
最後あたりにキョンが長門のことを
「何がよくてこうも感情を表に出さない根暗少女にしちまったんだ」って言っていた…
確かにそうだけど、根暗なのがいいんだよ根暗なのが。
ハルヒのようにキャッキャしている長門、
みくるのように「キョンくぅぅーん」となるウルウル長門、
想像したら怖くなった…
しかし感情を前面に出せたほうが長門はラクで幸せなのかもしれんな。
しかし私は「…そう」な長門が好きだ

■最後の図書館のシーン
最後の最後に、図書館にいる長門が本で口元を隠すシーン、
友達と「何故顔を隠したのか」話したけれど、こんな感じなのかと思う。
→長門は、男の子と女の子が貸し出しカードを作るのを見て、
自分がかつてキョンに貸し出しカードを作ってもらったことを思い出して、
ニマっとしてしまった。
長門かわいいいいいいいいいい
そして長門は変わった。確かに変わった。



長門は俺の嫁!!





劇場版 涼宮ハルヒの消失 オリジナルサウンドトラック劇場版 涼宮ハルヒの消失 オリジナルサウンドトラック
(2010/01/27)
サントラエミネンス交響楽団合唱団

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ruicosweets.blog116.fc2.com/tb.php/395-3dd5ba6b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。