スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ化・映画化されるマンガたち

2007年09月06日 22:22

最近ドラマ化、映画化されるマンガが本当に多いですね
私はあんまりマンガを読まないから、
「花ざかりの君達へ」とか「のだめカンタービレ」とか、
「僕は妹に恋をする」とか「ライフ」とか
存在は知ってても読んだ事なかったんだけどね、
そんな私でも読んだ事ある作品などが最近ドラマ化されています

コレはちょっと古いけど・・

【サプリ/おかざき真里】
ドラマをあんまり見ていなかったけど、
明らかに原作と違うwwwwと笑った記憶が。
主人公(藤井/伊東美咲)の恋愛相手は荻原(瑛太)だったはずが、
ちょい役のイシダ(亀梨)www
イシダは本当にカタカナでイシダという・・・下の名前も無い。。。
ナンテコッタイ

以下週刊誌ネタですが
本当はサプリじゃなく、「働きマン/安野モヨコ」を
ドラマ化するはずだったそうですね
(今度は本当にドラマ化するそうですが)
働きマンは本当に仕事に燃える女の話なので、
「恋愛要素を無理やり入れたい」と言ったところ、
安野さんに「ストーリーは変えたらダメだよ」NGを出されたと。
そこで同じような仕事に燃える女の話で、
ストーリーも変えていいよ、という事で出てきたのが
サプリだったそうな。



【死化粧師/三原ミツカズ】
三村マサカズじゃないよ!
無くなった人を最後にお化粧とかするエンバーマーという仕事をする人のお話。
この人の描く作品はしっかりしたストーリーのものが多いです
いま「たましいのふたご」という作品を連載中です
私はこの人の絵柄が全く好みじゃないんだけど、
話がしっかりしているからきちんと読めます

因みに、サプリと死化粧師は、
フィールヤングというマンガ雑誌で連載しています。(いた)
ワタクシ6年くらい購読中。


【有閑倶楽部/一条ゆかり】
りぼんで連載していたマンガ。
当時の私には難しくて、
絵柄も怖くて、
(上下マツゲバサバサで目をカッと見開いているのがホラーっぽく感じた)
フキダシも怖くて、
あまり読んでいなかった作品ですwww
数年前、ふと「あのクオリティはきっと凄いに違いない」
と思い、知人に借りる約束をしました。
今思えば、小学生が読むりぼんに、よく連載していたなぁ・・・


登場人物の名前もスゴイです
松竹梅 魅録(しょうちくばい みろく)
美童 グランマニエ(びどう グランマニエ)
黄桜 可憐(きざくら かれん)

みろくwwwww
グランマニエwwww
今でも覚えてるよ・・・www



有閑倶楽部 (1) (集英社文庫―コミック版) 有閑倶楽部 (1) (集英社文庫―コミック版)
一条 ゆかり (2000/05)
集英社
この商品の詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ニコニコ名無し | URL | -

    名前すげぇ…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ruicosweets.blog116.fc2.com/tb.php/4-e853c5eb
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。