スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咎狗\(^o^)/オワタ

2010年02月23日 00:39

やっと終わった…長かった…私がgdgdだったのでモタついたんだけど…

せっかくなので感想的なメモ。

私の攻略順は以下です。
ケイスケ→リン→源泉→シキ×3→n(ナノ)

以下ネタバレ含みます。ご注意ください。




ケイスケルート


ヤンデレならケイスケだよ、と言われていたけれど、
ケイスケは「あなたが好きで憎いんですアヒャヒャ」なヤンデレで、
私の好きなヤンデレの部類ではなかったようだ。
どのルートでも病んで猟奇的になったケイスケがアキラの元に来るので、
おなかイッパイになってしまった…
しかし伝説のドライバー事件が見られて楽しかったw
ケイスケルートBADのアルビトロENDが好みでした。
前半のアルビトロはステキです。後半ヘタレ化してショックだったけどw

リンルート


唯一の主人公攻めルートなので貴重でした。
リンは元気な少年なのでさほどテンソンあがっていなかったのだけど、
「実は隠された暗い過去が」的なエピソードもあり、人に依存する具合がツボりました。
最後の最後に、アキラに会いに来たときの成長したリンがそれはもうテライケメンで、
あの元気で横着なリンがなんという好青年に…!とビックリしたところでおしまいってなんぞ!
ED後のお話が見たい一番のCPだと思いました。

源泉ルート


「小汚いオッサン萎えるぜ」と思っていたけれど、源泉ルートのアキラは可愛かった。
源泉の大人な振る舞いと、ちょっとヘタレ気味になるところもよかった。

シキルート


咎狗のメインCPなので期待値が高かった。
シキさんかっけーっす。
車椅子END/軍人END/KANKIN ENDの3ルートあるうち、KANKIN ENDが一番よかったw
軍人ENDは、何故アキラはシキに対する態度を急変させたのか
という経緯があまり描かれていなかったので、
「え?なんでいきなりそんなことになったの?」と疑問が残ってしまった。

n(ナノ)ルート


nの、もっちゃりした喋り方がちょっとしんどかったけれど、
最後あたりでようやくほんのりデレた辺りはちょっとニンマリしました!
NLだけど、nとエマの部分をもっと見たかったな…

全体を通して


楽しめた順は、シキ>リン>源泉=n>ケイスケ な感じです。
時間を掛けすぎたので忘れている部分もあるけれど…

咎狗は…というかNitro+CHiRALの作品がそうなのかな…よく知らないけれど、
運命的・必然的な惹かれ方をする感じのお話が多めなので、それがよく分からないかもしれない…
私は登場人物に自己投影したり感情移入してプレイするタイプではないけれど、
ある程度共感しないと入りにくいので、
「そういうことなんです」といきなり断言されるより、
「○○で○○だから○○です」という理由が欲しいんだと思いました。
てか、私は魂のステージが低いので理解力に乏しいんだ…(´;ω;`)

楽しかったです!
プレステ版は神谷さんがいるようだし、機会があったらやってみたいです。
次はやっと、「薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク」を始めます!
貰ってからどんだけ放置していたんだって感じだ…ごめんなさ…



咎狗の血 True Blood Limited Edition(「オリジナルドラマCD」&「キャラクターファイル」同梱)咎狗の血 True Blood Limited Edition(「オリジナルドラマCD」&「キャラクターファイル」同梱)
(2008/05/29)
PlayStation2

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ruicosweets.blog116.fc2.com/tb.php/402-211f98b2
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。