スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版『機動戦士ガンダム00』初日舞台挨拶+感想【※ネタバレ有】

2010年09月19日 00:08

本日公開日を迎えた『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』
観にいってきました。
未だにサブタイトルが覚えられない。
「あ うぇいきにんぐ おぶ ざ とれいるぶれいざー」…?

20100918劇場版ガンダム00_劇場


劇場に入るとマイスターのパネルとお花。
20100918劇場版ガンダム00_劇場パネル+お花
このパネルはいろんな所で遭遇する。と思いながらも撮影してしまいました。
なんだかバックの色合い的に『笑っていいとも』みたいに見えるのです。
マイスターたちは、呼ぶお友達いるのでしょうか。
ロックオンはコミュ力が高いので、ソレスタルビーイングの仲間とか呼んでくれそうです。
アレルヤさんは…マリーかな。
刹那は…ガンダムと言いかけて、沙慈を呼びそう。
ティエリアは…ヴェー(ry


パンフ


無事、通常版と限定版(ティエリアと刹那)のパンフが買えました。
20100918劇場版ガンダム00_パンフ
しかしティエリア人気が凄まじいです。
入場開始前、ロビーでお客さんが眺めるパンフのティエリア率の高さったら。
パンフを買いに売り場に行くと、男性客も「ティエリアください」。

入場者特典のSTORYカード


私はデカルト、お友達は刹那をもらいました。
20100918劇場版ガンダム00_入場者特典

ついでに配布スケジュールをメモ
9月18日(土)~ 刹那 / デカルト / グラハム
9月25日(土)~ カティ / パトリック / アンドレイ
10月2日(土)~ ティエリア / フェルト / アレルヤ
10月9日(土)~ ロックオン / マリナ / 沙慈





舞台挨拶


スクリーン前に歴代ガンダムの一部が印刷されたタペストリー(舞台挨拶用だと思われる)を撮影。
20100918劇場版ガンダム00_舞台挨拶

舞台挨拶まとめ
・だいぶ席が前方だったので、キャスト陣の表情がよく見えた。
・キャストの衣装は全員ジャケット。
 宮野さんのボトムはラフめ。神谷さんは紫ストールを首に巻いて暑そう。
・勝治さんはさすが俳優さん。イケメン。
・上映前にも関わらず、宮野さんが盛大にネタバレをしようとしてみんなに阻止される。
・司会「水島監督、ネタバレのないように、コメントを」 監督「フヒヒw」(本当にそう聞こえた)
・吉野さん「劇場版ガンダムだぶるおー、このあとすぐ!」(確かに『すぐ』である)
・マスコミ向けフォトセッションでハロ登場→三木さんにオレンジハロが渡され、軽く歓声。
・ハロの羽は可動式らしく、みきしんが手で閉める→スイッチで開くを数回繰り返す。軽く歓声。
・フォトセッション後、少し動画を撮るとのことで宮野さんが大変フリーダムに。
・宮野さんの「これが、ガンダム00の終わり。今日は終わりの始まりです」という言葉が印象的だった。


ネタバレなし感想


・内容は…最後以外は面白かった。
・戦う対象が想像と違い、なるほどーという感じ。
・場内が笑いに包まれたポイント:沙慈、炭酸くん(コーラサワー)、カタギリ。
・ティエリアかわいい。以前のイベントでキャストが言っていた事がネタバレだった事に気付いた。
・「そういやアレルヤって超兵だったな」と気付かされた。アレルヤさんカッコイイです。
・戦闘シーンとかCGがSF映画のようで、かっこよかった。ツボです。
・物語のラストは賛否両論みたい。正直「えっ?(゚д゚)なんでそうなるの?」と思う箇所があった。
・パンフを読み終えて、ちょっと理解が深まった気がする。2回目以降は理解しながら観られると良いな。
・ミレイナさんは純粋ないい子。
・上映後、泣いている女性がちらほら(舞台挨拶のためお客さんは8割女性)

2ch にかいてあったレスですが、
「アニメーション映画としてはトップクラスの出来映え。
 SF映画としてもよくできたお話。
 ガンダムとしてはガノタ発狂」


…まさにそうかも知れない。
私はガノタじゃないし、SF好きなので楽しめたんだなと思います。
本当にCG演出はステキでした。設定も面白い。



【ご注意】以下、ネタバレあり感想ですので折りたたみます。

ネタバレあり感想


映画『ソレスタルビーイング』
1期のアレハンドロVSソレスタルビーイングを映画化という設定らしく、
その映画を沙慈が劇場にに観に来ていたという。
実はこの映画CBが非常に楽しみだったのですが、いきなり映画CBの戦闘シーンで始まったものだから、把握できなかった。
TV版を踏襲して「これまでのあらすじ」的な始まり方なのかと思ってしまった…もっとしっかり見たい。
沙慈「僕…出てこなかったな…」で会場が笑いに包まれる。

本編
まず、
デカルト・シャーマンとは何だったのか。

 まるで噛ませ犬…。私の想像では刹那VSデカルトな展開だと思っていたのですが。
 モルモットのように扱われていた影響でひねくれた性格が魅力的、かつ大変不憫なキャラクターだったと思います。

・アレルヤ(+ハレルヤ)のアクションシーンは非常にかっこよく、ワクワクした!よく出来ている。
 ※ここで「ああそう言えばアレルヤって超兵だった」と気付かされたわけです。
 アレルヤの肉体的スペックはスゴイはずなのに、今までマッチョなだけでそのスキルは活かされていなかったなんて勿体無い。
 そして個人的にハレルヤのはっちゃけ感が非常に好き。
リボンズ(姿のELS)の登場がなんだかシュールでちょっと笑えた。
・戦闘シーンやELSの描写がSF映画並みだったので視覚的に大満足。ガンダムでここまで観られるとは思わなかった。
・ただ、戦闘シーンは忙しい。観るのが大変。

炭酸くんのパジャマが大変かわいらしい。あんなお帽子を被っているなんて。
・マネキン"准将"なのに、大佐大佐と呼ぶ炭酸くん。大佐って…自分のお嫁さんなのに。
 炭酸くんにとってカティは、いつまでも大佐なんだろうな。そう思うとほっこりした。ええカップルや…
チュウ寸前で突き飛ばされて(´・ω・`)ショボン な炭酸くんで再び笑いに包まれる場内。
・ミーナとビリーの絡みが新鮮。ビリーの「やさしく…してください…」で3度目の笑いに包まれる場内。
・それにしてもビリーがこんなにヘタレだとは…。DT確定。でもスメラギさんと付き合っていたんじゃ…w
ティエリアリエッティかわゆす。刹那刹那言いすぎです。
・何だったかのイベントでキャスト陣が「ティエリアをポケットに入れて云々」な事を言っていた事を思い出した。
 この事だったのかしら?
・刹那がまた全裸化。アングルに吹いた。
・刹那を療養していた場所に何故グラハムさんが居るんだろう?あそこはプトレマイオスなハズなのに…。
グラハム死亡…最後がかっこよかった。
・ミレイナさんがアーデさんに告白。かわいい。ピュアであります。


よく分からないラスト
ぶっちゃけ、ELSが大きな花になった所が訳分からない。
なぜ金属が花の形を形成するのか、何の意味があるのか。
花がキーアイテムな事はわかっているけれど。
そして刹那が金属になるってどういう…???
老いたマリナ姫…。ファンの人はちょっとショボンなのではないかしら…。

あと「人類の40%がイノベ化したよ」との事だけど、それは無いんじゃなかろうか…
イノベ自体優れた存在ではあるけれど、それこそデカルトがあんな人格になったのも、
イノベになってしまったが故に色々な仕打ちを受けたからであって、
本人はそんな境遇を「地獄」とさえ言っているんですよね。。。

私のスキルが低いのもあるけれど、だぶるおーって中盤までは面白いけど、シメが甘いと言うか、はしょり過ぎなのでは…。
2期の最終回も「えっ?」と腑に落ちない終わり方で、非常にモヤモヤしているのです。
やりたいことは伝わってくるけど、言いたいことが理解しづらい。
見ている側のテンションを簡単に表現すると、こんな感じ↓
「OH!カッコイイ!すごいね!なるほど!で、どうなるの!?wktk!…
 えっ?ポカーン…う、うん、あ、そうなんだ?ふんふん、お、終わったの?ふーん…?……(モヤモヤ)」



20100921追記


総合的にマイナスな感想に見えたのでちょっと追記しに来ました。
そして、検索でかなり上位に表示される&色々リンクを貼って頂いたようで、
この記事を見る方が多いようです。
こんなに沢山見て貰えるなら、もうちょっとしっかり記事を書けば良かったお…
いや適当に書いているつもりはないけれど、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

パンフやまとめなどをちょっと読みましたが、やっぱり自分の解釈や理解度が低いなーと思いました。
それだけ分かりづらいというのもあるけれど。
でも全体的な趣旨や言いたい事が分かって、後からジワジワ来ました。。。
最初から最後まで、ちゃんと全部意味があったのだなと思います。
1回目は割とポカーンだったけれど、2回目はブワワと…クる気がする。
『完結編』ですもんね。



発作的に「やっぱりDVD BOX欲しいなあ」と思ってしまったお。。。




以下2chから拾ってきたまとめ
次回観る時はこの辺りを意識したい。
Q:あの花はなんなの?
A:ELSが刹那の根源的な部分に触れた結果です
 花を踏みつける様に始まった刹那が花の大切さを示すのがポイントです(黒田)

Q:なんで刹那は金属になったの?
A:「生きたいけど目的の為なら死んでもいい」という自己矛盾を刹那が超越したからです(黒田)

Q:ラストは何年経ったの?
A:50年後です

Q:50年後○○はどうなったの?
A:刹那、マリナ、クラウス、ティエリア、池田子孫、玄関少女以外は不明です

Q:最後テレビに出てたじーさん誰?
A:クラウスです



ELSの傾向と対策。
ELS『母星なくなったwww 悔しいのうwww 悔しいのうwww とりあえず、電波飛ばしてお仲間と移住先を探すべwww』
             ↓
ELS『なんか木星の近くに浮かんでる艦見っけwww ヒャッハー、解析だwww 融合だwww』
             ↓
ELS『うは、地球って星があるんだwww ついでにボンズリの身体ゲットwww 抵抗もなしに融合できたwww』
             ↓
ELS『地球に向かってたら脳量子波って電波飛ばしてた奴にビームで歓迎されたwww これが地球の挨拶。ちぃ、おぼえたwww』
             ↓
ELS『挨拶のおかげで分散して降下できたwww サンクスwww とりあえず、脳量子波の使える奴、貴方と合体したいwww』
             ↓
ELS『地球にも金属沢山あるwww 知性持ってないみたいだけど、お仲間だし取り込むwww 移動手段としても便利すぐるwww』
             ↓
ELS『脳量子波を出してる人間が沢山居るwww とりあえず、融合するべwww なんか抵抗してるけどいいやwww 挨拶だしwww』
             ↓
ELS『人間と中々分かり合えないけど、木星の連中も呼ぶべwww おーい、みんなーwww 地球はいいところだぞーwww』
             ↓
ELS『地球のみなさ~ん、ELSとうたわれるものですよwww 一緒に仲良く融合するべwww 優しくしてください → ラージャ♪www』
             ↓
ELS『なんか地球式の歓迎だとビーム飛ばすみたいだし、こっちも挨拶返すべwww 形もそっくり真似て挨拶返すわwww』
             ↓
ELS『あれ、刹那さん、お話ですか?えっ、人類って融合されるのは嫌なの? マジっすかwww ウチら融合がデフォなのにwww』
             ↓
ELS『刹那さん、とりあえずウチの本陣に来てくれません? ウチらただの尖兵なんです――って、量子化ワープとかマジぱねぇwww』
             ↓
ELS『地球のみなさ~ん、わかりました融合するのやめますwww 友好の証に花になりますwww イマまでサーセンwww』
             ↓
ELS『刹那さんと何十年も対話と心と身体を重ねあったら分かり合えたよwww 俺がガンダムだwww』




非常にわかりやすい。これを読み返して次回に備えようと思います。


↓このキービジュアル結構好き。

ガンダム00 Festival2009-2010 “A trailer for the trailblazer” [DVD]ガンダム00 Festival2009-2010 “A trailer for the trailblazer” [DVD]
(2010/06/25)
宮野真守三木眞一郎

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 春菜 | URL | Gls9Yap6

    もし、黒執事世界にELSが襲撃してきたらどうします?

    管理人さん、初めまして、私は春菜と言います。
    ELS、つくづく可哀想だけど、こわかわいいやつですね。
    思ったんですが、世界観の違う黒執事世界にELSが襲来してきたらどうなると管理人さんは思いますか?
    黒執事世界には悪魔とか死神とかいるし、ELSと対決したらどうなると思いますかね?

  2. ruico | URL | -

    Re: もし、黒執事世界にELSが襲撃してきたらどうします?

    春菜さま

    黒執事ですか…
    セバスチャンは万能で無敵なキャラクターなので、
    ELSの叫びも木星探査船も直感的に分かってしまうような気がしますw
    …こんな回答で大丈夫でしょうか?
    しかし確かにELSはかわいそうでしたね…
    小型ELSのチャーム商品化をひそかに望んでおります(^o^)

    このたびはご訪問コメント頂きありがとうございました、またよろしければいらしてくださいね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ruicosweets.blog116.fc2.com/tb.php/479-fbbb33f3
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。