スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dアニメ『Xi AVANT(クロッシィ アバン)』を劇場で見てきた

2011年04月21日 00:44

ドコモの製品Xi(クロッシィ)のプロジェクト「Xi PROJECT」というものがあるそうです。


そのプロジェクトの一環で、
神山健治監督によるXi AVANT(クロッシィ アバン)という3分30秒のオリジナル短編アニメーションが製作されたとのことです。


パッと見キャラデが「東のエデン」っぽいなと思ったらやっぱりキャラクター原案は羽海野チカ。
食わず嫌いだけど羽海野チカさんの作品は自分向きじゃない気がする。
けれどコレは興味を持った。


私はこのアニメの存在を知らず、
たまたま『攻殻機動隊S.A.C.』を観に映画館にいき、
予告枠でいきなり始まったアニメの主人公らしきメガネくんが神谷さんボイスで大変驚いたのでした。
「神谷浩史です!」な標準的神谷さんボイスで、それって結構最近では珍しい気がする。
脱線するけれど「青の祓魔師」のメフィストなんとかという役の声は楽しい。
イラッとするような悪~い声も結構いいものだなーとデュラララの臨也で思った。


攻殻機動隊…というかクロッシィ アバンの話に戻ります。
そもそも私は攻殻機動隊を全く観た事がなかったのと、予告枠でこんなに長いものを観たことが無かったので、
クロッシィ アバンがいきなり始まって
「本編が始まったのかな、攻殻機動隊に神谷さん出演?知らなかったわ…なんで知らないんだろう?」と思ってしまった。
まあ近未来な時代設定は共通していますしね。


3分30秒という短い作品だったけれど未来のガジェットは非常にwktkだった。
未来の技術や未来のUI、そういうものを作中で本格的に描いている作品が好きなのです。
拡張現実(AR)も最近話題だし、
これはそう遠くない未来のガジェットに標準装備されて当たり前のように使えるかもしれない!
そう思うと胸熱。


動画はこちらの公式からすべて見られますよーー
Xi AVANT(クロッシィ アバン)











関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ruicosweets.blog116.fc2.com/tb.php/533-837f35d8
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。