スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうそしてありがとう!タイバニ最終話+LVレポ

2011年09月18日 23:48

行ってきました。見てきました。

tigerbunny最終回イベントポスカ.jpg

イベント前の諸注意アナウンスは平田さん&遊佐さん。やり取りがかわいかった。
進行は尾崎EP。

イベントの流れ


尾崎さん+キャストトーク
(森田さんビデオメッセージ)

24話上映

最終話上映

スタッフトーク

3話、5話、15話、21話、25話上映

尾崎さんの最後の挨拶



尾崎さん+キャストトーク


・平田さん「TIGER&BUNNYのの12時を過ぎると眠くなる方、虎徹です!」
・遊佐さん「1クールより2クールの方が出番が少なかった方、ルナティックです」
・尾崎監督「失言が多い方、尾崎です」
・スカイハイ役井上さんサプライズ登場。

バニタバニカズさんこと森田さんのビデオメッセージ
背中を向けてモチャモチャしたキャラソン(仕様です)を口ずさみ振り返りしゃべり始める。
頭にうさみみカチューシャ。店頭用映像で流れているのと同じ。ハンズで買ったらしい。
なぜ今日出演していないのかというと四国でのイベントで前のりしているからとのこと。
素晴しく森田テンションでいい具合にウザかったです、いい意味で。

動員数
ライブビューイング動員数は22000人。にまんにせんにんて!
銀魂ではライブビューイングが恒例となっているけれど軽く越えているんですよね確か。
ちなみにイベント後の尾崎さんツイートによるとust配信視聴は77000人と過去最高。
イベント参加する人が多いから24話の61000人?より減ると思ったのにびっくり…尋常じゃない。

「四国と沖縄はセッティングできなかったが次回必ず」とか(具体的に決まっているっぽいほど断言)
「朝までの長丁場なので眠くなったらみんなで助け合ってね」という監督に和んだ

井上さんのスニーカーが白+紫+黄色なスカイハイ配色だった(ナイキのものらしい?)
平田さんは腕におじさんのリストバンド(PDA)と時計と数珠。

24話視聴のあと、平田さん&遊佐さんのトーク。
ライブビューイングだけに流す用だったようだけど、
数分間PVの音声が重なりトークがかき消されるという放送事故。
生なのでやり直し効かないし切なかった。

最終話をみんなでカウントダウンするもタイミング合わずgdgdに…そして最終話視聴
最終話の感想はまとめて↓に。

スタッフトーク+Q&A


NEXT PROJECT スーパーイベント第1弾
2011/11/13(日)神奈川県民ホール2回公演
会場小さすぎる!争奪戦で血を見るのは必至…
しかしイベント会場を急遽押さえるのが本当に大変なのはよく分かっております…
今回と同じように劇場でのライブビューイングがあるとのことなのでありがたい、
私はライブビューイングで全然構わないです放送事故さえ無ければwww
行くよ?行くよ?楽しみです。
2期的なものがあるみたいだし製作に1年以上は掛かると思うけど、
このイベントは第1弾とのこと、定期的にイベントなどを実施してファンのテンションを持続させる作戦なのかも。

虎徹の名前について
バスティで決まりかけていたけど、バスティには巨乳という意味があるので却下。
 海外も意識した展開をかなり考慮していたので。

TIGER&BUNNYというタイトルについて
他に出たタイトル案は「B.B(バスティ&バーナビー)」とか「シーカーズ(追跡者たち)」とか。

海外版について
海外版は既に配信中。吹き替えではなく字幕。予告の部分もそのまま放送。
虎徹のたどたどしい英語もそのまま。海外でもそれはかなり好評とのこと。
「バニー=bunny」、「バニーちゃん=little bunny」など微妙な表現も丁寧に翻訳してもらっているとのこと。
little bunnyて!ふおお…となった女性は多いはず…

タイガーの色について
黄緑なのは桂先生の好み。
黄色+黒の虎カラーはダサかったから却下。他にシルバーや青なども候補に上がった。

幻のキャラ
禅ビーストという和風キャラを設定していた。和風キャラって折紙と被るよね、と。

9巻特典は全巻収納BOX
DVDとBDとも9巻に全巻収納BOXが付くとのこと。桂先生が描くのはこれから。

折紙
折紙は松井Pが桂先生に「イケメン描いてください」で美形になった。
あまりのイケメンぷりに「こんなイケメンなら折紙回を作らねば」ということで折紙回が生まれた。

桂先生
先生は虎徹がお気に入り。
「虎徹のヒーロースーツがもっとかっこよく活躍すると思ったのにかっこ悪い部分が多いよ(苦笑)」

虎徹とバーナビーの能力
既出だけど虎徹とバーナビーの能力が同じであるのはどうなの?という話。
バーナビーの能力として瞬間移動という案もあった。ウサギだし飛び越える的な。
能力には足かせ的な制限をつけなければ万能すぎて面白くないので、
瞬間移動の制限としては「ただし鉄板的なものは越えられない」という案が出たり。
でもバディだし同じ能力でいいんじゃないかなという結論になった。

さとう監督
監督マン、ツイートでも薄々感じていましたがファンの間で流行っている表現を使いたがる人みたい…w
「マベっちゃえばOKwww」とか「全裸待機」とか、
そういうタイバニワードが流行っているのが嬉しくて言いたいんだろうか。
公式の人が言うの珍しいので新鮮だしお茶目だなと。

最終話かんそう


リアルタイム最終話はツイートOKだったけど、私のいた劇場では積極的にツイートしている人は皆無。
ネガティブな私は事前に「イベントはおじさんの葬式だ」とか言っていたけどおじさん生きてたー!
楓ちゃんを人質にしたマベさんの後ろでゆらりと立ち上がるおじさんでキターとなりました。
量産型海老が凄かったー海老はデザインカッコイイ。
「再起動する!」なマベさんが歩き出してヒーロー全員いるのになぜ見失うのだろう?
斉藤さんとアニエスさんはいい仕事をしたー彼らがいなかったら確実にBAD ENDだっただろな。

笑ったポイント
・牛角さん「このゲス野郎!」(相手をdisる時はいつも「ゲス野郎」が出てくるのでw)
・ブルーローズちゃんが号泣して「タイガア゙ア゙ア゙ー」
・楓ちゃんもブルーローズちゃんもいるのに正面ハグを譲らないバーナビー
・「虎徹さんがいないなら僕もヒーローやる意味がないから辞める」と言うバーナビー
・「ごっつぁんです」と言う折紙センパイ
・『子持ちバツイチ男を落とす100の方法』を立ち読みするブルロズちゃん


マベさんは自分で自分をマベって廃人化。ヨダレ汚いー
ルナ先生が最後にタナ声聞かせたのは賛否両論だと思うけど、
あの状態のマベさんはもう使い物にならないし法律関係無く鉄槌を下すのはルナ先生しかいないし
まあ私は胸がスッとしますた。
楓ちゃんがマベさんに触ってマベ能力を使い、記憶操作の解除すればよかったかもしれないけど、
この制裁がないとタイバニにおけるルナ先生の存在意義がなくなってしまう気がするので…

ワイルドタイガー1minute…もう能力が1分になってしまったのか…orz
おじさんが落ちた瞬間「3回目のお姫様抱っこ来るー」とひとりでヒャーとなって、
お姫様抱っこされた瞬間に拍手が沸き起こった劇場の一体感。
「虎徹さんが戻ってきたら自分も戻る」というのも笑った。HOMO依存しすぎだHOMO

賠償金払えで痴話喧嘩するし、久しぶりにおじさん呼びするし、お姫様抱っこだし、
初期の頃を思い出すいい終わり方だった。気持ちが良かった。
いやほんといい最終回だった。タイバニ面白かった。

脚本の人がアニメ畑じゃないからなのか、アニメいっぱい見ている層にとってストーリーが新鮮で斬新だったのと、
キャラひとりひとりの個性が立っていて魅力的だったのがウケたのかなー
私の周りにはいろんな趣味や好みを持っている人がいるけれど、
びっくりするほど男女問わずみんながタイバニにハマって、毎週楽しみに観るようになって、
ust+twitterでの実況もぜんぶ楽しい一体感でした。
こんな作品、めったにないんだからね!
…うん、ほんと珍しいと思う、楽しかったー

ありがとう、そしてありがとう!

バーナビーAA




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ruicosweets.blog116.fc2.com/tb.php/577-10789f5f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。