スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒バスにちょっとハマった話

2012年09月29日 02:17

今年の4月から半年間『黒子のバスケ』というアニメがやっていたのでぼちぼち見ていたらハマってしまいました。アニメは全部みましたが原作は全く知りません。
アニメ化する前はジャンプの中でも人気があるのかどうかという印象でしたが、アニメ化してから爆発した様子。

スポーツものが苦手でも楽しいよ


じつは私スポーツものが非常に苦手で、過去にスラダンを読んでみたものの全く触手が動かなかったこともあったのですが、黒バスは苦なく見られておもしろい。
なぜスポーツものが苦手なのかというと、スポーツ自体が嫌いであるゆえスポーツにテンション高く熱くなる気持ちそのものが全く理解できず、感情移入できないから。ですが黒バスはスポーツよりもキャラの濃さと人間関係のほうが目立っているので楽しめるみたい。テンション低いキャラもいるし。
そしてバスケの仕組みやルールがまったく分からないので、リアルな特技よりも現実離れした特技のほうがかえってすんなり入ってくる、ような気がする…

というわけで、普通のスポーツものとはなんだか毛色が違うから、文科系女子にもとっつきやすいんじゃないかな?という適当分析です。
詳しくありませんが、テニプリもこの類なのではないでしょうか。「テニスじゃなくテニヌだ」と言われているほどにファンタジーなテニスなようですし。という理屈から言うと黒子のバスケも黒子のバヌケなのかもしれません。


そして腐ったお話


・火神くんと黒子さんはどう見ても完全に…。時々漫才コンビのようなカップルでかわいい、です。
青峰くんは黒子さんの元彼で三角関係的な、典型的テンプレ。
・高尾と緑マッチは、まじりっけのないカップルで他者が入り込む隙がないのでは…周りの友達は高緑率高いみたいです。
・そして今のところの私の推しCP、青峰くんと黄瀬。
黄瀬=わんわんお、という印象しかありませんでしたが、黄瀬は青峰くんに憧れすぎて、「でも越えたいから憧れるのやめる!」と言い実際互角じゃないかなという時に、すっごいさげすんだ目で青峰くんを見ていた病みっぷり、そして振り幅が私のツボテンプレにスポッとヒットしました。おめでとう。ありがとう。
黄瀬は試合に負けるとポロポロ泣くね。ありがとう。 (`;ω;´)ブワワ

そうそう。最近一番人気である赤司様のキャラクターは、たまに目にする情報を自分なりに消化すると、魂のステージが非常に高い人。たまたま本誌で見た突然のオウンゴール、めんたまくり抜く発言で彼に無限の可能性を感じます。

以上、原作を読んでいないアニメ組のふんわり解釈ですが、親しい人間関係が基本的に二人組で構成されているあたり、かなりくさった方向に持って行きやすく、さほどCPが多様化しなさそう。
見はじめは普通に意外性と客観的な腐視点で楽しんでいたのに、じわじわとツボを押された結果、いつの間にか\(^o^)/パーン となりました。



旬の人気ジャンルにハマる恐ろしさは去年体験したばかりです。
薄い本は。薄い本は、買いません。

お友達が単行本を全巻貸してくれるそうです。たのしみです。



黒子のバスケ オフィシャルファンブック CHARACTERS BIBLE (ジャンプコミックス)黒子のバスケ オフィシャルファンブック CHARACTERS BIBLE (ジャンプコミックス)
(2012/07/04)
藤巻 忠俊

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ruicosweets.blog116.fc2.com/tb.php/670-178584a8
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。