スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神学校 THE GIFT感想

2013年07月15日 21:07

ずいぶん前ですがFD『神学校THE GIFT』プレイしました。
記憶もちょっと薄まっているなか、プレイメモを見つけたのでいまさらながらまとめてみました。

神学校THE GIFT

『セント・バレンタインの贈り物』(ニール×マイケル)



  • 『バレンタインカードに差出人を書いたらいけない』というのはイギリスの風習なのだろうか。

  • ニールの仕込みと演出がいちいちロマンチックでニールらしい。

  • ここぞとばかりにかわいいことを言うマイケルに悶えるニールにニヤニヤ。

  • ほんとかわいい。



『雨のち、晴れ』(ニール&マイケル)



  • マイケルの将来について二人がケンカする話。

  • 宗教観と、人生をいちばんリアルに描いている気がする。

  • よくかんがえたらマイニルって16歳×26歳くらいじゃないかと気付いて大変。すばらしいね。

  • 16歳にひいひい言わされる26歳(CVスモール佐藤さん)って世界平和。



『水辺のゴースト』(マイケル×レオニード)



  • レオがビビリなのが意外で、普段と取り乱すさまのギャップがかわいかった。

  • ゴーストの正体は本編にも出てきた例のあの人。脇キャラもFDで丁寧に描いてくれてうれしい。

  • レオの「すごいことを言う」発言が聞けてよかった。

  • たしかにマイケルは純粋なのに突然すごく大胆な発言をする…そこがいい。



『イースターエッグ』(マイケル&レオニード)



  • ちょっとレオがかわいそうになったお話でした。

  • でも脳内で勝手に解釈して思い込みをするレオやっぱかわいいかわいい。

  • このふたりは、受け攻めどちらでもいちばんほくほくするCPでした。



『天の階』(オーガスト&マイケル)



  • うん、この人はこういう方向にもっていくことになりますよね…という内容。

  • 本編を考えると、ちょっと救われたような気がする。



『君がいる世界』(ガブリエル&マイケル)



  • そっちのガブリエルだったか……………………

  • 神学校で一番すきなのが双子CPなので、もうこちらのガブリエルが出てくるたびにせつなくてせつなくて。

  • これから恋愛に発展することはなさそうだけどなかよくできるといいな…



『ラブレター』(セシル&マイケル)



  • セシルは純粋で何も知らなさそうに見えるけど機転が利く子だなあと思ったおはなし。

  • 告白もさせてあげないマイケルはちょっと冷たいとも思ったけれどダメなものはダメっていうまっすぐ(にしなければと心がけている)なのが彼のいいところ。



『Heaven's door』(セシル&マイケル)



  • このふたりは一番旺盛だなーと思っていたのだけどまさか実家でしてしまうとは…となりの部屋にお父さんがいるのに…

  • なんか…わかいな!たしかにいちばん若いCPですからね…。



『禁色』(ロバート×ジョシュア)



  • 脇CPはけっこう好きなのですが、まさかこの二人の詳しいエピソードがこんなボリュームで提供していただけるとは。

  • ジョシュアが予想外に腹黒で、ロバートは何も知らないボンボンに見えて実は察しのいいデキる子だったのは本編ではまったく気付かなかったところ。

  • この二人はずっと仲良くやっていけたらいいなあ。

  • ちょっと脱線するけど進撃の巨人のジャンを見るたびにロバートと被ってしまって、ジャンの性格をあまり知らないくせに「ジャンはきっとロバートのようにまっすぐでたのもしい頼れる男なんだ!」って思っている。



『カインの印』(アベル)



  • アベルの過去エピソードキタ――(゚∀゚)――!!

  • 噂には聞いていたけれどアベルは幼少期から持ち前の病みとブラックさを兼ね備え壮絶な過去を潜り抜けてきたハイパーショタだった。

  • すばらしすぎて震えながらプレイした。

  • 本編ではわからなかった、なぜルシフェルにあそこまで傾倒しているのかという理由がここで判明してわたしはスッキリ。

  • あそこまでかわいいと幼いころから悪い大人わらわら群がってくるのか…美人も苦労するのね。



特典『秘密の日記帖』


FDクリア後「そういえば読んでなかったわ」と思いだし読んでみました。
ガビィ厨であるわたしは一番初めにガビィの日記を読んだわけですが、鏡文字を見たとたんブワッと高ぶってしまい、中を読んだらもうブワッブワッと止まりませんでしたがいったいこれはどういう現象なのでしょうか。

いくらガビィが「まさかとは思いますが」であっても、もう少しFDにガビィの居場所があったらよかったのになあと思いつつ、要するにFDでの新規ガビィ要素がこの特典のいちまいっぺらの紙だけだったので、噛みしめまくった結果ブワッとなってしまったのかもしれません。

ちなみにFD内のミニゲーム『神がめ』にけっこうハマってしまった。ゲーム中応援してくれるキャラを選べるので、ひたすらひたすらガビィを選んでてんしの声をききながらぽちぽちしておりました。


はあ。
もうこれで神学校がおわってしまった。さみしい。
まだ入手していない店舗特典とか神学番長などがあるけれど、なんだかこんなにハマったBLGは初めてで、世間の評価もだいぶ高いようなので、ドラマCDとかもっと出してくれたらいいのにラキドみたいにラキドみたいに。




神学校 The Gift神学校 The Gift
(2012/02/10)
Windows

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ruicosweets.blog116.fc2.com/tb.php/717-1a0417bf
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。