スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒヤロン兄弟

2013年08月17日 22:56

夏コミ帰りの電車でのこと。

ヘロヘロになりながら座席に座ると、友人がわたしにヒヤロンをくれました。
ヒヤロン、パンチすると冷たくなるアレです。みなさんごぞんじですよね。

嬉々としてパンチをしたのですが、割れない。なかなか割れない。内袋の位置を確認して何度も何度もグーパンしても割れない。

20回ほどグーパンを繰り返していると、座っているわたしの前に親子連れが。小学生低学年くらいの弟と、中学年?高学年?くらいのお兄ちゃん、そしてお母さんの3人連れ。

するとその兄弟は、不思議な物体にパンチを繰り返すわたしを不思議そうにじーっ( ゚д゚ )と見ているのです。
ふぇぇはずかしい。あんま見るな。早く割れてくれ。
「これで決める!」そんなわたしの思いをよそに、へなちょこパンチは何度も外れ、わたしを見る兄弟の目はますます不思議そう。

するとお母さんが「あれはね、つめたくなるやつだよ」と兄弟に教えていた。
うう、わたしの不思議な行動を解説されている…ますます恥ずかしい。
その瞬間。
やっとヒヤロンが割れた!つめたい!ヒャッホー!これで奇異の目にさらされずに済むぜ!

わたしはその兄弟にヒヤロンを差し出してみた。
「ほら、こんなにつめたくなるんだよ!おねいさんの不思議な行動のひみつはこれだよ、わたしは奇行種じゃない!」
そんな思いを込めて。

すると好奇心旺盛そうな弟がそれに触り、「(゚∀゚)ヒャー!つめたい!」とマンガのようなリアクションを。
そのあと、人見知りっぽいお兄ちゃんがおそるおそるさわり、また「(゚∀゚)ヒャー!」となりながらその手を弟のホッペにつけて「つめたー!」ってニコニコ。


恥ずかしいやらかわいいやらで、コミケの疲れがちょっと癒されたエピソードでした。



それにしてもあんなに割れないもんでしょうかね、ヒヤロン。



ロッテ ヒヤロン スーパーロッテ ヒヤロン スーパー
()
ロッテ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ruicosweets.blog116.fc2.com/tb.php/724-c9c50846
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。