スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももクロ国立競技場ライブに行ってきた

2014年03月24日 00:07

去年じわじわ意識しだしたももクロについて書いた記事がこちら。→最近ももクロが気になる

そのなかで「機会があればライブに行ってみたい」と言っていたわたしに、本当にやってきた機会が『バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z!2014』というバレンタインのイベント。

これはニッポン放送のイベントということで、ライブあり、ソロ曲あり、ゲームあり、ミニドラマあり、トークあり、川上マネージャのコーナーあり、などなど…いろいろなももクロを詰め合わせた幕の内弁当のような内容で、わたしのような初心者にとってとてもありがたい入門編的イベントだったのでした。


いざ国立競技場へ…


そして今回、運よく国立競技場でのライブにも行けることに。
ここ1~2年ももクロ・ももクロヒストリーを見てきて、メンバーがずっと夢みていた紅白への出場が叶った『次の夢』として挙げていた国立競技場でのライブは、通常のライブとは意味が違う、にわかながらやっぱり特別感を感じる公演。

ももクロ国立競技場

初めて肉眼で見る国立競技場。ここは前回の東京オリンピックに合わせてつくられた競技場だということを今回初めて知った。だから今度のオリンピックあわせで改修するのね。

国立競技場でのライブの使用許可が下りるには、公演内容、スタッフの対応、観客のマナーなどいくつもの審査項目があるようで、単にキャパを埋められるほどに動員できるだけではないのだとか。ももクロに使用許可がでてよかった。
しかしこのあとはラルクや嵐などなど異例で怒涛のライブラッシュ。改修前の駆け込み需要なのか、改修費用を回収するためなのか…。


ザ・国立競技場大会


ももクロ国立競技場

ライブに向かう電車の中でも、公式のカラフルなパーカーを着ているモノノフをたくさん見かけてちょっとテンションが上がりつつ、会場の外周の隙間から会場内を覗いたら、みっちりぎっしりカラフルな服のモノノフがいて、始まる前からちょっと感極まってしまった。


ライブ自体もすっごくたのしかった。感動的なももクロの歩み的なムービーから始まって、すでにたまらん。
そして聖火台に火をつけるメンバー。(というかオリンピック以外で聖火台に火をつけていいのね。)そのあと聖火台からステージまでジェットコースターで移動という演出にはびっくりした。二日間の公演のためにジェットコースターをつくる…下世話な話だけど金の力ってすごいと思いました。


ペンライトに感動


なんとこの日(1日目)はももかの誕生日。みんながグリーンのライトでお祝いする光景はすっごいキレイで、まるでGN粒子…。
とにかくあの広い会場の広い面積を埋めるカラフルなライトもとてもキレイで、こんな光景はこの先見ることがないかもしれないと思ったので目に焼き付けておきました。
ナタリーに掲載されている写真がとてもよいです。
昼の光景:http://natalie.mu/music/gallery/show/news_id/112155/image_id/263142
夜の光景:http://natalie.mu/music/gallery/show/news_id/112155/image_id/263093
超きれい:http://natalie.mu/music/gallery/show/news_id/112182/image_id/263262

たまに上空を通る飛行機を見ながら、あの飛行機からこの国立競技場ははどう見えるんだろうかなんて思ったり。


わたしの好きな曲もあり、しらない曲もあり、ライブの二日前から脳内ループしていた『いつか君が』、初めて肉眼でエビゾリを見た『怪盗少女』、客席の盛り上がり度がハンパない『chai maxx』、大人にも刺さる歌詞がお気に入りの『ピンキージョーンズ』と『労働賛歌』、THE・あーりんなラップがキュートすぎる『ミライボウル』、布袋さん要素がロックな『サラバ、愛しき悲しみたちよ』、なんと立木文彦さんが生ナレーションしてくれた『Z伝説』、ヒャダインのすごさを実感した『猛烈宇宙交響曲~』、『走れ!』もTHE・ピュアなももクロで、どの曲も楽しかった。


モノノフ先輩はすごい


今回特に感じたのは、パワフルで豪華なステージもさることながら、モノノフたちの盛り上がりのすごいこと。メンバーを肉眼で見るにはちょっとつらい席ではあったけれど、周りの盛り上がりのおかげでわたしのテンションは内心常に高く保てました。ありがとう。
なんだか女性アイドルのファンって勢いが怖いというイメージがあったけど、自席近くのモノノフさんに親切にしていただいてちょっと感動した。モノノフは応援はパワフルだけどその他は超紳士な方が多いようで…たまたま恵まれていただけかもしれないけれどこれからも安心してライブに行けそう。


次回は未定です


今回国立のももクロの集大成的ライブを見ることができたので、わたしのももクロ欲はある程度おさまって気が済みました。だから次回は別にいいかなとは思ったけれど、国立が楽しすぎたので次回も機会があればみたいなあと思ってみたり。
MCで夏菜子(だったかな?)が「今回来てくれた人がまた来たいと思ってくれるようなライブがしたい」と言っていたけれど、まさにその通りのライブだったと思います。



いや~~~本当にたのしかった。帰りにももクロパーカーを着ている人を見るたびに「たのしかったね!」って気持ちになりつつ帰路につきました。

次回参加するときは、ちゃんと5色光るライトをもっていこう。


おまけ:スフィアとマーくんからのお花


ももクロ国立競技場・マーくんとスフィアからのお花




「ももクロ夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE 2013.8.4 日産スタジアム大会」LIVE Blu-ray「ももクロ夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE 2013.8.4 日産スタジアム大会」LIVE Blu-ray
(2014/01/29)
ももいろクローバーZ

商品詳細を見る
関連記事

病みBLを本気で開拓中の私が今まで読んだ本を紹介する-その1

2014年02月09日 00:40

このブログにはAmazonアフィリエイトを貼っていて、たまーにポチっていただいているようです。その中でよく買われているのがなんと病みBLでした。病みBLについて書いた記事も比較的アクセスが多い様子。
すっごい病んでるBLマンガが読みたい


「病みBLなんて超ニッチなジャンルそんなに需要あるわけないよね」と思い込んでいたけれど、ニッチなジャンルだからこそ情報は少ない…
そこで、「だったら胸を張ってこのジャンルを開拓して書いてしまえばいいのでは」という結論に達しました。ので、わたしがいままでに読んだ病みBLを新旧問わずデデンとまとめてご紹介します。

わたしのように病みBLを探し求めている人向けにご紹介しているので、極力ネタバレは書いていません。ので、購入の参考にしてもらえたらうれしいなあとおもいます。


兄弟、兄弟―夏―、兄弟―冬― /丸木 文華


兄弟 (アズ・ノベルズ)兄弟―夏 (アズ・ノベルズ)兄弟―冬― (アズ・ノベルズ)

病み度★★☆☆☆

小説。「病んでいる兄弟もの(血縁関係あり、できれば弟×兄)が読みたい!」という一心でたどり着いた本。丸木さんはBLゲーム『マスカレード』のシナリオもやっているということで購入したのでした。
1冊目は弟→兄の執着そしてヤンデレ、2冊目の『夏』はイチャイチャ多め、弟→兄は執着しつつ独占欲強めで兄→弟の依存も出てきた感じ。
3冊目の『冬』はまだ未読です。早めに読みたい。


三人遊び/丸木 文華


三人遊び (二見書房 シャレード文庫)

病み度★★☆☆☆

小説。丸木先生は病み作品が多いということが分かったので作家買いしたもの。
タイトル通りサンピーもので幼馴染。恋愛要素は少なめだけど、終わり方に病み要素が。こういった読後感がモヤモヤしたものは好み。


あんたとお前と俺。/丸木 文華


あんたとお前と俺。 (白泉社花丸文庫BLACK)

病み度★☆☆☆☆

小説。義兄弟、そしてさんぴーもの。とつぜんできた兄と弟と主人公。たのしそうです。正直、兄弟ものって個人的には血のつながりがないとダメなのだけど、これは3人がお互いに依存高めだったので満足。病み度は低めだけどそれぞれの矢印が絡み合っている様が楽しかった。

mother/丸木 文華


mother (白泉社花丸文庫BLACK)

病み度★★★★★

小説。丸木さんの病みBLをフル発動させたらこうなった!的な作品。
犯人が判明したあたりから病み要素が次々判明してくるところなんかとっても興奮しました。ヤンデレの炸裂っぷりに思わずツイートしてしまったほどにステキな病みっぷり。
ヤンデレに感化されて相手も病み始めて相互依存、そんな話が好きな人はぜひにぜひに読んでいただきたい。


ふたご~緋牡丹と白百合~/丸木文華


ふたご~緋牡丹と白百合~(アズ・ノベルズ)

病み度★★☆☆☆

小説。明治・大正時代あたりのしっとりBL。言葉づかいも奥ゆかしさで溢れていて時代背景にマッチ。本当に情緒あるホモ。
ちょっと猟奇的(カニバ)な描写ありなのでどうしても地雷の人は避けたほうがいいですが、わたしはガチでやってくれてもよかったな!
ふたごというところもポイント高いです。
「ふたごって普通の兄弟より仲良くしてても許されるものなんだよ」ってマイエンジェルが言ってた。


堕ちる花、姦淫の花、闇の花/夜光 花


堕ちる花 (SHYノベルス)姦淫の花 (SHYノベルス)闇の花 (SHYノベルズ)

病み度★★★★☆

小説。兄弟もの(血縁関係あり)3部作。ミステリー要素があってストーリー自体も魅力的なので続きが気になって一気に読み進めてしまった。
話も面白いし、兄弟BLの要である背徳感や葛藤の描写もしっかり描かれていてすてきでした。
わたしは心中ものも好きなので、それっぽい描写が最高でした。


背徳のマリア(上下巻)/綺月 陣


背徳のマリア (上) (ガッシュ文庫)背徳のマリア (下) (ガッシュ文庫)

病み度★★★★★

小説。こんなにも病みと依存度が振り切れている本が読めてわたしは幸せです…!
ストーキングとか暴力とか拘束とか、病んでいる故の行動パターンってある程度テンプレがあるけれど、この作品に出てくるキャラクター達は常軌を逸脱するレベルの行動をします。

ヤンデレのテンプレに飽きた人、痛い表現が大丈夫な人向け。
萌えはほとんどなかったけれど、読後感の悪さもすてきで芸術的な病みBL。
あと、兄×弟の脇カプがいるのですがこれがかなりわたしのツボでした。このカプでスピンオフを書いたらいいのに!と心から叫びたい。



ということで7作品の紹介でしたよ!まだまだたくさんあるので続きはこんど。



病みBL (GUSH COMICS)病みBL (GUSH COMICS)
(2013/11/15)
アンソロジー

商品詳細を見る
関連記事

夢のはなし

2014年01月18日 03:46

つめが乾くあいだ、ちらちらと。

進撃の巨人にハマって少し経過して、わたしの好み的にいちばんはエルリなんだなと確信しつつあるわけです。

そんななか、先日Twitterで進撃クラスタがざわざわしていて、いったいなにごとか?と思ったら本誌である別マガの発売日だった様子。
それで特にざわついているのがエルリクラスタのようでした(個人の感想です)。
わたしは原作未読だし、本誌だなんて最先端組はわたしにとって遠い世界のおはなし。そんな情報は見るべきでないなと思いつつ、そんなにエルリがアレなのか!?わたしのエルリがそんなにエルリ?と気になって気になって、でもいずれそれを知ることになる日が来ると思うとたのしみだなーなんて思いつつ、その日はもんもんと過ごすことに。


すると、なんと家に別マガが置いてあるんです。どうして?誰が?
わかんないけどまあ読んじゃうよね!ということで読み進めていくと、1ページ目からリヴァイがメイド服(ロングタイプ)を着させられていて、すごく屈辱的な様子。そりゃそうだ。そんなメイド服リヴァイはトイレでエルビンにフルボッコにされている。
ちょっとまってちょっとまって、それどんな同人誌ですか…!!!

…と思ったところで目が覚めました。どんな同人誌というか、わたしの脳内で発行された同人誌でした。



オタクな女性はよく「好きなキャラが夢に出てきた!」的なはなしをするけれど、わたしはキャラクターが夢に出てきたことがない。
そもそもキャラが夢に出てくるってどういうこと?キャラがこっちの世界にやってきた的な設定?それで自分と会話したりするの?自分が見ているマンガとかアニメのキャラクターが?…よくわからない…

みたいに、わたしはどこまでいっても『作品を楽しんでいる自分』から一線を越えられていないから、夢に出てきたとしても『その作品を見ている自分』という内容ばかり…。

わたしだって好きなキャラクターとか好きなCPとかいるし、好きなキャラクターとしゃべる夢とか見てみたいんだけど。
でもたぶん潜在的な意識から変えないとむりっぽいようです。



つめが乾いた。おやすみなさい。




進撃の巨人 8 (初回特典:フルカラーイラスト集(48P)) [Blu-ray]進撃の巨人 8 (初回特典:フルカラーイラスト集(48P)) [Blu-ray]
(2014/02/19)
梶裕貴、石川由依 他

商品詳細を見る
関連記事

【黒子のバスケ】黒子+黄瀬くんをイメージしたピアスを作ったよ

2014年01月12日 02:50

黒バスのガチャガチャ『すわらせ隊』というシリーズがやたらとかわいくて、とくに体操座りをしている黒子さんにキュンときたので購入しました。

ホモォ1

ホモォ2

黒黄イメージのピアスを作ろう!


さて、久しぶりにアクセサリーを作ろう!と突然思い立ちました。
かつてはタイバニのふたりをイメージしたピアスも作ったことがあるわたしです。
タイバニ的なピアス作ったよ

あるときアクセ屋さんで見かけたピアスをアレンジしてみようと思ってメモがてらツイートしたのがこれ。




ということでやっと材料を買ってまいりました。今回は黒バスの黒子さんと黄瀬くん的なイメージで作ることに。
世間でいちばん人気は黄黒だと知っているけれど、わたしは黒黄派なのです。


主な材料


材料費はパーツを除いて1400円くらい。
今回わたしは店舗で買いましたが、ネットで探せばもっと安く上がるはず。

  • スワロフスキー5601番(キューブ型)の8mm、黒子:アクアマリン、黄瀬:ライトトパーズ

  • スクエア型のロンデル

  • 極細チェーン

  • あとはツブシカンと丸カン



黒バス黒黄イメージピアスbefore

完成!


キューブとロンデルをチェーンに通して、チェーンの端はツブシカンで止める、というほぼ当初の予定そのままに作成。
そして完成したのがこちら。

黒バス黒黄イメージピアス

ネックレスも作りました。

黒バス黒黄イメージピアス+ネックレス


わりとかわいくできた…!と思う!
製作時間20分ほど。
水色と黄色のスワロを組み合わせるとカワイイだろうなーと思っていたけど想像以上にかわいくできて満足。
こういうキャンディーあったけど最近見ないなあ。本当はキューブスワロを2個通すだけをイメージしていたけれど、お店にスクエアのかわいいロンデルがあったので、ゴージャスにしちゃえと思って挟んでみました。結果、大正解だと思う。

キューブ型のスワロは4mm、6mm、8mmというサイズ展開のようだけど、やっぱり大きめがカワイイと思って8mmに。
8mmスワロで極細チェーンがやっと通るサイズでした。もしかしたら4mm6mmだとチェーンは通らないかもしれない。Tピンを使ってもいいけれど、Tピンだとどうしても丸めるところが目立ってしまうのでなんとか頑張ってチェーンを通した感じ。

チェーンは穴が細長いタイプだったので、丸カンを通す部分だけは目打ちで円形に広げてピアスパーツを付けました。
このパターンだとかんたんで色の組み合わせが自由なので、みなさんもファッソンアイテムにさりげなく腐れアピールしてみたらいいと思います。この程度のアクセ作りは本当にかんたんなので。



おまけ


激うまプリンでおなじみロピアから、期間限定の苺ミルクプリンが出たので買ってみましたがこれがまたとてもおいしいのです。
さいきん写真を撮るときはすわらせ隊の黒子さんが大活躍。テツヤ様マジ汎用的。

ロピア苺ミルクプリン




パーツからつくるアクセサリー (くりくりの本)パーツからつくるアクセサリー (くりくりの本)
(2013/08/01)
くりくり編集室

商品詳細を見る
関連記事

冬コミC85に行ってきた

2014年01月02日 00:45

今回も1日目だけ参加してきました。

なんだか…今回は駅から会場までの混雑っぷりが至上最大級で、なかなか前に進まないレベルだった。こわい。

1日目


お手伝いをしつつ、落ち着いたころにお買い物に繰り出し。先日例の犯人が無事逮捕されたので、やっと安心して黒バスのお買い物ができた、よかったよかった。
獲得したのは黒バス、進撃のエレリとエルリ、タイバニあたりを数冊。今回はお友達に頼んだものが多かったので珍しく癖外調査には行かなかったなー。

途中、とあるサークルさんから頂いたすごく衝撃的で大きな紙袋が、友人をはじめお手伝いしているサークルのご近所界隈にまで爆笑され、ちょっとした騒ぎに。
紙袋を持ち帰る用の袋を用意していたのだけど想像以上の大きさで入り切らず困っていたら、ご近所サークルさんに超大型の不織布バッグを頂いて無事持ち帰ることができました…ありがたや…。
ところで『不織布』の変換候補に『腐食腐』が出てくるIMEはポンコツなのか空気が読めるのかどちらなの。

会場ではたくさんのコスプレを見かけたなか、身長差の際限度が抜群な進撃のエルヴィンとリヴァイとハンジの3人組を見かけたのがこの日一番の大興奮ネタでした。
リヴァイとエルヴィンの身長差28cmもあるそうだけど、そのレイヤーさんたちも確実にあたまひとつぶんくらいは身長差ありましたね…しばらく後ろから眺めてニヤニヤしていましたすてきでした…。

次回は壁外調査博


プチ事件もありつつ今回もコミケを楽しむことができました。やったね!
最近のわたしの同人イベントはお手伝いをしつつふわっと買い物をしてお友達に会うというラインナップ。買い物の比重が軽いので気楽で体力的にも余裕がもてる楽しみ方ができているので、まったり楽しい。

次回行く同人イベントは壁外調査博2という進撃のオンリー。前回は開始前のアナウンスがとても凝っていてテンションも高まったので、次回も楽しみです。

圧倒されるコミケの写真


コミケ公式Twitterがツイートしていた当日の様子の写真がすごかったので貼ります。
こうしてみるとコミケってほんとうにすごい。メッカの巡礼かと思ったわ。









これから「コミケに行ったことがないけど行ってみたい」と言っている人がいたらこの写真を見せるといいですね。

関連記事


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。